2017年03月27日

東京モーターサイクルショー見聞録@

9376.jpg

 3/24〜26の間、東京ビックサイトにて第44回東京モーターサイクルショーが開催されていました。なんとなく恒例になっているので今年も天候が悪い中、強行突破で出かけて行ったのでした。

9377.jpg

 毎度のことながら今年もかなり大勢の人たちがビックサイトに集まっていました。毎年訪れる人が増加しているように思うものの、どこか妙に冷めた自分がいるようでちと物足りない面もあったりします。

 まぁプチ同窓会って側面もあるのでこういうイベントはありがたいのですが。

 ぼちぼち気になった物を記事にしていこうかと思います。


ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

吉野家4週連続セール開催

 吉野家は、3月31日・4月1日を第1弾とした4週連続のディスカウントセール「春の300円まつり!」を、全国の吉野家店舗にて実施するとか。

 情報によると今回の4週連続ディスカウントセールは、期間中の毎週金曜日10時から土曜日22時まで、対象商品を割引価格で販売するセールとなります。

 第1弾(3月31日・4月1日)と第4弾(4月21日・22日)では「牛丼並盛」、第2弾(4月7日・8日)では「豚丼並盛」、第3弾(4月14日・15日)では「辛子明太子定食」を、それぞれ300円で販売する。なお、新・朝ごはん「辛子明太子定食」については、セール期間中に限り終日販売となります。

続きを読む
ラベル:雑記
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

ザブングルグラフティー


 個人的にはTV版をしっかり見ているせいもあって十分これでも満足できるものの、やっぱこの一作でまとめるのにはかなり無理があるというか、無茶していますのでこれ観たあとはテレビ版全部観たくなりますね。

 あくまでファン用のダイジェストって感じで本作品未視聴の方は、テレビ版を全部視聴する方がいいと思います。まぁお祭りみたいなものですかね?

 僕は「戦闘メカ ザブングル」って作品自体が大好きです。実はとっても重い設定の中にもかかわらず、近年でもあまり見ないあっけらかんとした明るさは登場人物の個性が光っていますし、WMも実際今の世界にあってもおかしくなさそうな感じでガソリンで動くってなんかかわいらしいかな。

 ギャリアのデザインを初めて見たときは驚き、主人公ジロンがこれを愛機にするのは今でも…って気持ちがありますが、その分ザブングルがサンドラットみんなに愛された機体として今では思えるようになったのでした。そういう面ではバルバトスの扱われ方って嫌いではないです。

 最初に閲覧するにはおすすめできませんが、TV版を全話見た後なら絶対おすすめです。これが本当の「戦闘メカ ザブングル」の最終回って個人的には思っていたり。

 ちまちま、これ見ながら食玩ザブングルの組立しているのでちと紹介してみました。

 さて、今日もちまちま進めますかね?

 「戦闘メカ ザブングル」も放送開始から35年もの月日が流れているのですね…


posted by ひゃっけい at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

イロイロヤバイコトニ…

 冬の間はそうそう遠出もしないし大丈夫だろう…って考えはやっぱり甘かった。久方ぶりに近所の山道を走行させてみると安定感がまるでなく、妙に右が軽いってタイヤチェックしてみると…

9374.jpg

9375.jpg

 フロントタイヤが右側だけ異様に摩耗し、スプロケ、チェーンもそろそろお疲れ気味と消耗品がえらい事に。春先に向けてまた再びふらふらツーリングに出ようと計画していたのにね。

 ついさっきブレーキパットを交換していて気が付いたのでした。

 まぁ、我が家の日常生活の足として活躍してくれている事ですし、ここらで一発交換しますかね?


ラベル:バイク 雑記 整備
posted by ひゃっけい at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

雑記

9372.jpg

 「大好きなかたなにスズキの代表的なエンジンである油冷エンジンを搭載してみたい」

…って僕の夢を実現したある意味無茶苦茶なコンセプトに対し、同じ考えを持っていたカスタムショップが先に構築していた事実に驚きつつも憧れ、いつかはって頑張って現実にこの油冷エンジン搭載型かたなは完成しました。

 今振り返ってみると、油冷エンジン搭載のGSX-Rは某カスタムブームにて足回りは重宝されたものの、エンジンに関しては邪魔者扱いされ朽ちていった物も多かったと推測されます。そんな中で生き残っていたこのエンジンにまずは感謝ですね。何しろのんびりだったり加速に次ぐ加速だったりと無茶苦茶な扱いを受けても20万kmを超える強靭さを見せつけているのですから…

 惚れた乗物に乗り続けるのは困難になっている時代にどこまで抗う事が出来るのかは正直分かりません。だけど好きな物は好きだと戦う気持ちだけはなくしたくないなぁ…と考えています。

 少なくても僕がずっとこいつでたどり着ける場所に行きつくまでは…ってね。


ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

子供の頃の経験は

 当たり前ですが、人は日々成長します。特に子供にとって、その日そのときの気持ちは二度と戻ってきません。だから、子供の時の見た物、経験は想像以上に大人と呼ばれるようになってもどこかで頭の片隅に残っていたりします。

 「子供」向けというと、それほどクオリティが高くなくてもよいと勘違いしている人もいるようで、「子供だまし」という言葉がそんな考え方を象徴しています。しかし、本当は子どもは一番敏感で正直です。大人と違って、この作品はちょっとつまらないけどためになるから見よう、というようなこともありえない。退屈ならば見ないだけです。


 僕が子供だった当時を振り返ってみると「ザブングル」や「ガンダム」「マクロス」といったロボット物の影響は強くあり、また「うる星やつら」「マジンガーZ」により高校生ってなんて自由なんだろうって思った時期がありました。


 ある時、ある編集者が作家のところに通ってもなかなか作品ができてこず、10年くらいかけて、ようやく1冊の絵本ができたといいます。なぜそんなに時間がかかったのか?その作家さんは、「何しろ、子供に読ませるものだからね」とおっしゃったのだとか。子供の生涯に大きな影響を与える作品なのだから、それだけ思いを込めてきちんとつくらなければとその作家さんは考えたそうです。


 「子供向けだからこそ真剣に考え抜いてよいものを」という心意気は、絵本や児童文学に関わる作家さんの多くによって共有されている価値観なのかもしれません。少子化の問題が指摘され、一人ひとりの子供の個性を大切に育むことが求められている現代において「子供を大切に」という精神は、ますます重要になってくるのでしょうね。


 見せかけの価値ではなく、本物をこそ追求するという精神を、子ども向けから大人向けまで、さまざまな分野で大切にしたいものです。


 誰だって以前は子供だったしいずれは大人になるのですから…とか言いながら僕は大人になりきっていないのかなぁ…?とか思ったり。



ラベル:雑記 アニメ
posted by ひゃっけい at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

1/144ザブングル組立そのC

9371.jpg

 本体にかまけていると武装の方がなかなか進まないのでちまちま作業しています。

 一番下の武装は…スターウイニングの武装でして、なんかいじりたくなったので久しぶりに作業しています。まとまった時間が取れればいいのですが、一日20分程度の作業時間なのでちまちまとした事しかしていなかったり…

 暖かくなって塗装しやすくなる時期までには何とかしたいですね。→続く。


posted by ひゃっけい at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

ダメな物はだめらしい

 年齢を重ねていく中で特に変化があるなぁって思うのはやっぱり「食」でしょうか…

 過去おいしいと思っていたケーキなどの洋菓子が全く食べられなくなったり(健康的な面ではなく味覚的に)、あれほど嫌いだった塩辛がおいしく思えたりちまちま変化しています。どうも甘いものを求めなくなっているっぽいですね。

 そんな中でもやっぱり食べられないものは存在します。僕の場合は…こちら。

9370.jpg

 はい、寿司です。とにかく酢飯が大嫌い。握りでもちらしでもとにかく嫌い。酢がダメなわけでもなく、刺身も大好き。ワサビは調理によく使う…それを無駄に組み合わせて何がそんなにおいしいのか?本気で分かりません。正直せっかくの素材がもったいなくなるんですよねぇ…マジ酢飯邪魔。

 沼津も寿司どころとして有名ですが、なぜか寿司がダメ。こればっかりはどうにも変わらないらしいです。

 でもお寿司屋さんの雰囲気は嫌いではないですよ。個人的になじみのお店は僕が酢飯ダメって事を知っているので刺身とお酒ってパターンに理解を示してくれる所もあったりしますのでその辺はありがたかったり。

 よく「寿司が嫌いってのは食の楽しみの半分くらいは損している」ってからかわれますが、この寿司嫌いはどうにも克服できそうになかったり。


ラベル:雑記
posted by ひゃっけい at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする