2019年08月29日

スズキがリコール発表

 スズキは29日、ドライブシャフトの部品に問題があり、潤滑剤が漏れて走行できなくなる恐れがあるとして「スペーシア」「ワゴンR」「アルト」など11車種計1万7541台(2018年2〜3月生産)をリコールすると国土交通省に届け出たとのことです。これまでに事故や不具合は報告されていないらしいですが、心配な方は早期の対策を。


posted by ひゃっけい at 18:49| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

KSR盗難事件経過@

 相変わらず難航しているKSR盗難による捜索ですが、警察や仲間内の協力のおかげで少し前進しました。

 どうやら僕のKSRは犯人が盗んだ後、分解しヤフオクにて出品していたらしく、その経歴が発見されました。

 今回の件で見えてきた事をまとめると…

・犯人は個人ではなく集団っぽい事
・ヤフオクで多数出品しており、結構高い評価を得ている事
・ヤフオク商品紹介でわりとごまかしめいた紹介をしている事
・犯人がわりと近くにいる事
・ヤフオクが犯人と思しき相手に関して寛容で被害者に対して実に不誠実である事

 と、こんな感じに。もう少し詳しく突っ込んだ書き方もできなくはないのですが、現在警察の方々が動いているため細かく言えないのが困りものですが、一寸ずつ犯人確保へ近付いてきた気がします。

 犯人に警告しておきます。

「お前の罪を数えてせいぜいおびえているがいい!!」

 持久戦上等!確実に解決してやる。




posted by ひゃっけい at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

日韓問題

 なんか妙に話題になっている日韓問題ですが、正直今までの韓国に対しての恩情というか優遇というものが嫌でしてねぇ…ヒュンダイにサムスンなんかの工業関連だけでなく、キムチや韓国焼肉、トッポギ、チヂミ、マッコリに整形てんこ盛りなアイドルに徴兵制度と韓国に対してろくなイメージがわいてこない…

 個人的にみても過去、バイク盗難関連で朝鮮学校の生徒がかかわっていた経緯もあり、どんなに世間が還流ブームみたいになったとしても韓国人には恨みしかないので韓国人がどう思っていようが知った事ではありません。

 あいつらはどんなに悪事を働いても第二次大戦やら徴用工やら持ち出して決して謝ろうとしないどうしようもない人種ですし、現在猛威を振るっている文政権にしても大統領満期近くでどうせ前大統領の様にすべての責任と問題をでっち上げて逮捕劇を繰り広げるだけでしょ?

 こんな国と付き合う必要は全くないと考えます。

 来年の今頃は東京オリンピックでしょうが、韓国選手が日本に来ない状態を熱望します。文さんがそう言いだしているならぜひ来ないでください。(正直、東京オリンピックには何の興味もありませんがサッカーワールドカップの日韓合同開催みたいな体たらくだけはやめてほしいところ)

 なんで韓国ってこんなに日本を見下しているんでしょうね?文句ならばいくらでも書けるのですが、最近マスコミの報道が鼻につくほど過剰反応している様を見てなんだかなぁ…って気持ちもちとわいていたり。

 マスコミが過剰に反応すると妙に冷静に考えるのはちと問題かなぁ…


posted by ひゃっけい at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

よしもと「おそまつ」劇場

 ここんとこずっとテレビでは吉本興業関連のニュースが幅を利かせていますね。

 個人的には吉本はあまりいいイメージを持っていないものの、所属芸人さんはさすがに面白いなぁってイメージだけなのでこういった裏事情はどうでもいい話です。

 詐欺被害者と詐欺グループの対立とこの吉本問題はちょっと違う話。詐欺グループを装った組織のパーティーに芸人さん達が招かれやり玉になっていますが、そういった事を後から調べしたり顔でスクープとして話題をばらまくマスコミにも責任があるかと。そもそもフライデーにしても文春にしても問題提起として種火をまき散らすけど拡散して大問題に発展してもまるで責任を持たずにあおるだけ。

 今一番話題になっているネタではあり、くだらない正義感を持ったマスメディアにとっては格好の敵対種(叩きやすい相手)で連日の放送状態になっています。ただメディアも頭悪くて吉本興業のブラックな企業体制と宮迫会見、入江プロデュースによる闇営業問題を一つの話題にまとめようとしてごった返しにした挙句に混沌としていくだけ。どこのテレビ局も何をテーマにまとめていくのか?朧気も見せずにあおる内容は無駄です。

 今回の吉本興業関連は結局うやむやで終わってしまうのではないかなぁ…テレビも雑誌も売り上げがすべてで円満解決も破局も望んでいないだろうし。

 正義に対するのは「悪」ではなく「違う価値観を持った正義」だなぁって再認識するきっかけでした。

 問題はあおるだけあおって集結させないマスメディアに問題があるような…




ラベル:マスコミ 駄文
posted by ひゃっけい at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

京都アニメーション放火事件…

 まずはお亡くなりになってしまった方々のご冥福と一命をとりとめたものの傷を負った方々への心身共に回復されることを切に願います。

 最初にニュースで見た時はまるで信じられませんでした。

 たまたまスマホの速報でタイトルのみ見ただけだったのでそんなはずがって気持ちの方が強かったです。現実の報道によりやっと本当の事なんだと認識出来たら途端に涙が出てきました…

 僕にとって京都アニメーションの作品は再びアニメに関心が向いて見始めるきっかけなのです。

 残業でかなり遅くなった時になんとなく見たのが「涼宮ハルヒの憂鬱」0話でして、妙なテンションにそれまでのテレビ放映物とは思えないほどの綿密さ、丁寧な作風に惹かれる事になるのでした。元々原作も「憂鬱」だけでしたが読んでいましたし内容もすんなり分かった事もあってその時の毎週の放送を楽しみにしていました。面倒くさい仕事が続くけど頑張りますかね?って元気をもらっていました。

 当時は静岡の東部でもケーブルTVの恩恵により関東エリアの放送が見れたので、きっかけをもらってからはいろいろ楽しみにしていました。

 バイクと旅とプラモデル、そしてちょこっとゲームがあれば大満足とほざこいている趣味ジャンルに再び「アニメ」が加わる事に…今ではゲームよりアニメ鑑賞の方がウエイトが高くなっています。アニメってやっぱり楽しいのです。

 今回の事件はアニメに対しての過去、現在、そして未来に大きな傷と悲しみを与えるものでした。こういう言い方は避けるべきなのかもしれませんが、個人の強い恨みに対して如何に自分の大切な物を守るのか?真剣に考えていかなくてはいけないのかもしれません。




posted by ひゃっけい at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

人間不信

 まぁ…どちらかというとある程度人間不信な方ではあったのですが、KSR盗難の件でもっぱら症状は悪化しています。

 警察にしても対応は遅く、公務員というかお役所関連らしいなと。盗難届のために連絡して警察官が到着したのは3時間後。

 調書を取るにしてもいちいちぞんざいで態度はでかい。詳細の説明を求めるかと思えば説明していると「その辺はいいから」と重要な部分はさえぎりまとめていく…本当に雑。

 アパートの契約先である不動産屋も非協力的でこちらが調べたい事はまるで説明せず、エアコン修理や水のトラブルと今回と全く関係のないセールスばかり繰り返すばかり。全くあてにならない。

 なんなんだろね。こんなん続いてたら人間不信にもなるわなぁ…

  KSR盗難に関してはとことん追求していき、何かしら情報があった場合はある程度記事にしていく予定です。一時期より減少しているとはいえまだまだ多いバイク盗難なんぞに負けたくないし、こんな思いを今バイクに乗っている人たちにしてほしくない。バイクを盗まれてしまった人にもあきらめてほしくはない。まぁ個人の力なんてたかが知れているけれど無い知恵と度胸で突き進んでみようかと。完全に強がりです。落ち込むだけ落ち込んだら反撃の手段を考えなくてはね。

 泣き寝入りなんてまっぴらごめん、戦ってみます。




posted by ひゃっけい at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

KSR 盗難事件発生

  今週(5/27〜29)、何者かの卑劣な行為により、我家のKSRが盗難にあいました。

 プロの仕業かいたずら目的の愉快犯かは不明ですが、人の物を勝手に盗んでいく奴って何考えて生きているんだろう?

 今の所手掛かりはなく、途方にくれるばかりです。

 静岡東部地域にて(他の地域でも)何かしら心当たりがある方、見かけた方がいましたら是非コメント欄などに連絡していただけたらと思います。
御協力の程よろしくお願いいたします。

B9763323-D117-4443-96F0-067DE985353D.jpg

 盗難にあったうちのKSRは最終型です。特徴としては…

・前後ホイールはNSRの物を追加工し装着。そのことによりノーマルと違いフロントブレーキが右側になっています。
・フロントカウルを廃し丸ライトへ変更。
・メーターは武川仕様
・ブレーキはブレンボ2ポットですが、整備中なためブレーキングに難あり。
・チャンバー変更。
・近々オーバーホールを予定していたため、現在調子はイマイチ。
・バッテリーは元々難があったので取り外し。走行時につないでいました。鍵を壊してもエンジンはかかりません。

 このバイクは亡くなった友人から譲り受けた思い出のあるバイクです。お願いですから返してください。


posted by ひゃっけい at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

KATANA発売開始するってね

9612.jpg

 東京モーターサイクルショーで展示していたからもうこのまま発売するんだろうなぁ…と思ってはいましたが、案の定このカタチが街中を闊歩する日が近付いています。国内販売は5/30、価格は150万円ちょい超え位らしいですね。意外と早い登場です。もう少し引っ張るというか見直しすると期待していたんですがねぇ…

 個人的には「こりゃないわ」って一刀両断するほど嫌いなデザインではないですよ。ただのオートバイとしてとらえればまぁ魅力あるかな…ただKATANAであってカタナ(GSX-1100Sフォーマット)ではないなと。全くの別物って考えます。どうしてもコレヂャナイ感漂います。

 今更、歴代カタナを引っ張り出して物議をかもしても仕方がないですし良い面もたくさんありそうです。ああしたらとかこうしたら…ってカスタム妄想の材料としては面白そうな魅力があるのも事実です。でもね僕個人としてはやっぱり今のかたなを手放してまで欲しいか?と問われれば完全否定するなぁ…って話。

 特に耕運機ハンドルは駄目ですね。いくらメーカーが「前輪をつぶすように操作するためのアップハン」みたいな記事が出て正統性をアッピールしても元々のカタナはリア重視のコントロール性を考えてのポジションですから全くキャラクターが違います。どう言いつくろっても目指した方向が違う、名前は同じでも全くの別物ってイメージばかりが先行する結果にしかならないと考えます。それにメーカーが思うよりあのハンドルの高さは当時750ccカタナに乗っていた者にとっては根深いトラウマなのです。前部に荷重がかかるようになってしまったのは寸詰まりなデザインによるものでもう少し後方へ延ばすなどの提案はあったのでしょうか?単純にイタリアのデザイナーが提案したデザインに鵜呑みで乗っかったデザイナーの怠慢でベース車両にハリボテしてハンドルの切れ角稼げずどうしよう?って逆算した結果にしかとらえられません。

 ガソリン容量12ℓってのも問題です。今のところ航続距離についての物議がないので何とも言えないのですが、あまりにも少なすぎます。従来のカタナで(あくまでも僕のかたなの場合ですが)リザーブを使用しない航続距離は250kmくらいです。この間使用するガソリンは14〜15ℓ。大体沼津からだと宇都宮に到着するくらいですが、この間に圏央道〜関越道を通る事を考えると給油ポイントは160km離れている場所もあり、ツーリングに使用するとしたらかなりの精神的負担になります。

 ここまで文句みたいな事で「全然肯定してないじゃん」って言われるかもですが、デザインに関して否定する気は全くありません。むしろ好きです。ただしこれが1000ccのビックバイクでなければって話。もしこれが250ccのミドルサイズ、さらに贅沢言えば125ccクラスのモンキーやKSRクラスのミニバイクとしてデザインされていたなら…めっちゃ格好いいって思うのです。寸詰まりな感じも現物の3/4サイズだったならって考えると意外と格好いいのでは?って思えてくるのですよ。(ものすごくざっくりと表現するならKATANAの写真を見てホイール径が17インチではなく12インチと考えるみたいな)

 なにはともあれ販売開始と相成ったKATANAです。名車になって従来のカタナを見た時に「これはカタナじゃない」って言われるくらいなったら素敵な事だなって事である意味応援してみようかな?と。


posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする