2017年05月21日

賛否両論あるでしょうが

9412.jpg

 沼津港あたりをのらりくらりしているとたまに見かけるのがラブライブ!サンシャイン!!の各キャラクターが描かれたタクシーに遭遇します。まぁ業務に特化した「痛車」って事になるのでしょうね。沼津って街について地元のくせに結構疎いのでなんとなくですが、今の沼津を見てみるちょっとした機会になっているように思えます。

 今のところ3年生、1年生の各3人は目撃しましたが、2年生の3人は見たことなかったり…曜ちゃん見てみたいなあとか。

 個人的には舞台となっている淡島、内浦あたりはふらふらプチツーリングに利用する地域なためよく行くわりに何も知らなかったりするのでこういう機会があるのはある意味ラッキーかも?

 タイミングがあれば淡島は上陸してみたいと思っています。その前に熱海の初島も行きたいなぁ…

 近くても知らない場所がたくさんあるって事に結構驚くばかりなり。


posted by ひゃっけい at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 9 (特装限定版) [Blu-ray] -

 ついに完結しました「鉄血のオルフェンズ」ですが、最後まで見続けてなんというか「もったいないなぁ」ってのが正直な感想です。

 第2次の中盤から多分全滅的な終わり方は予想していたのですが、後半の中途半端な展開はなんかおかしいというか無理矢理感が半端なくてね…MA戦の盛り上がり以上の展開が後半なかったのが実にもったいないです。

 個人的にはダインスレイブによる地上射撃による最終作戦は置いておいて、ダメージを負ったバルバトスが三日月が死してなお覚醒し、地上のギャラルホルンを全滅させた後、貫いたギャラルホルンの矢を天空に投げラスタルに一矢報いたあとジュリエッタに仕留められるのかなぁ…って展開を想像していました。まぁそうならなかったけど。

 結局、長い時代に時々起きる事件のひとつみたいな終わり方はちと寂しすぎないかなぁ…と。革命の乙女であるクーデリアも第二期では影が薄くなってしまい、マクギリスもおかしな位置付けっぽく、おいしいところ総取りなラスタルにしても裏はドロドロとなんだかなぁ…って顛末。暁のまだ無垢な瞳にはこの世界がどのように見えているのでしょう?

 全滅ENDって本当はこの先にどのように展開するか?って物語のターニングポイントとしての見方もあるので、ここまでを第一期としてまとめ次に展開する方向の方がこの物語は面白かったかもしれませんね。

 拾っていけば面白い展開があっただろうになんでこうなった?みたいな残念さがどうしても残ってしまう作品になってしまったのが悲しいですね。

 ガンダムフレームにしてもMAにしてもキャラクターにしてももったいないなぁ…ってね。




posted by ひゃっけい at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

ザブングルグラフティー


 個人的にはTV版をしっかり見ているせいもあって十分これでも満足できるものの、やっぱこの一作でまとめるのにはかなり無理があるというか、無茶していますのでこれ観たあとはテレビ版全部観たくなりますね。

 あくまでファン用のダイジェストって感じで本作品未視聴の方は、テレビ版を全部視聴する方がいいと思います。まぁお祭りみたいなものですかね?

 僕は「戦闘メカ ザブングル」って作品自体が大好きです。実はとっても重い設定の中にもかかわらず、近年でもあまり見ないあっけらかんとした明るさは登場人物の個性が光っていますし、WMも実際今の世界にあってもおかしくなさそうな感じでガソリンで動くってなんかかわいらしいかな。

 ギャリアのデザインを初めて見たときは驚き、主人公ジロンがこれを愛機にするのは今でも…って気持ちがありますが、その分ザブングルがサンドラットみんなに愛された機体として今では思えるようになったのでした。そういう面ではバルバトスの扱われ方って嫌いではないです。

 最初に閲覧するにはおすすめできませんが、TV版を全話見た後なら絶対おすすめです。これが本当の「戦闘メカ ザブングル」の最終回って個人的には思っていたり。

 ちまちま、これ見ながら食玩ザブングルの組立しているのでちと紹介してみました。

 さて、今日もちまちま進めますかね?

 「戦闘メカ ザブングル」も放送開始から35年もの月日が流れているのですね…


posted by ひゃっけい at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

正直アニメ化してほしいなぁって


 「冬のジブリ祭」とかで金曜ロードショーは3週連続でジブリ作品が続くらしいですね。

 で、第一弾として「風の谷のナウシカ」が放送されました。正確には宮崎駿作品ではあるけれど、まだジブリではなかったような…って事は置いておいて、個人的にはなんで映画(アニメ)版が評価されているのか?さっぱり分かりません。何度か機会があり、斜め観程度も含めればなんとなく見ているのですが…中途半端って感じが強い気がします。

 映画の尺ってものがありますから原作の全編を映像化するのは難しいと思います。映画化された部分はコミックからすれば1巻〜2巻中盤までのエピソードであり、序章みたいなもので本来のストーリーのごく一部でしかありません。

 本当はこの先をアニメで見てみたいってどうしても思うんですよ。ただし映画化されたナウシカが好きな人からは反発くらいそうですが…それにどういうわけかジブリの場合、続編的なアニメって製作しない傾向があるので無理か?

 コミック版のナウシカは全7巻で完結していますが、2巻で風の谷を救った後のエピソードはかなり好き嫌いが分かれるところだと思われます。まぁコミック版のラストあたりは正直トラウマ物です。興味があればぜひ。

 今週は「千と千尋の神隠し」が放送されます。最初ぶうたれているだけの可愛げのない女の子が危機的状況からどんどん健気ながらもたくましく成長していく物語としては面白いのになんだかなぁ…って思うところもたくさんあって素直に面白いって思えなかった記憶があります。この辺りは見る機会によって変わるので何とも言えないけれど今回はどんな感想をもつのか?ちょっと期待したいって日テレの思惑にどっぷりはめられているみたいです。




続きを読む
posted by ひゃっけい at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

沼津は輝いているかい?

9338.jpg

 静岡県沼津市にのらりくらりと住み続けてますが、あまり元気って感じはないかなぁ…と。

 幼いころはそれなりに煌びやかに思えた仲見世商店街も通ってみるとシャッターが下りっぱなしのお店が増え、夜飲みたいなぁって時に通っていたなじみの店も以前バイトしていた店も閉店していたりと寂しい感じに。本当に仲見世や駅前周辺は足を向ける事が少なくなりました。「こんなだったっけ?」って思うことも多かったり。

 今年は「ラブライブ!サンシャイン!!」のおかげで地元であるここを散策するようになりました。何しろ本編でもふれられている通り「地味」な街ですが、住んでるだけに思い出もそれなりにあるので。

 静岡県ってテレビ見てても県庁所在地の静岡市清水や浜松の中部、西部が舞台になる事が多く、東部の方は伊豆半島が取り上げられてもなかなか沼津は取り上げられません。天気予報で三島か沼津かみたいに出てくる程度。本当に地味です。浜松行くより東京行く方が近いですし、静岡、浜松と比較すると「静岡!」ってアッピールしているわけでなし。なんとなく通過地点みたいに思われがちなんでしょうね。

 沼津に帰ってきて箱根だ伊豆だとツーリングにはもってこいな場所ってばかりでなく、もう少し生活面も大事に考えようかな?と。


posted by ひゃっけい at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

近場が舞台だとやっぱりね

9249.jpg

 「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台が沼津って事はちと書かせていただきましたが、本編を見ているとよく取材されているなぁって感心させられます。地元ならではの風景がこんなに丁寧に描かれるとは。

 放送告知のポスターを見た時は「まさかねぇ?」って風景だったので気にはなっていたものが現実だったとは…ね。

 見慣れた風景を自然に描かれているためか聖地巡礼って本当面白いかも?って思えてきます。少なくても「ちびまるこちゃん」や「ハルチカ」のような違和感はなくて実に楽しいです。逆に静岡の中部、西部の方から見たら不思議に見えるかもしれませんね。

 物語の進行上、ある程度は大げさな面もなくはないものの、おおむね現在の「沼津」らしさは出ていると思います。ナンデヌマヅ?って疑問はまだあるもののこんだけ丁寧に舞台を大事にしてくれるなら楽しみたいと思いますよ。

 僕個人しては大した思い出もなく、だらだら過ごしていた学生生活に嫌気がさして何とか無理やり出て行って、最近(でもないか…)帰郷して…なんとなくふらついている仲見世通りとか沼津駅北口周辺、特に西浦の風景はにまにまさせていただいています。何しろバイクのセッティングとか気晴らしに走っているルートなんですよ。戸田峠や達磨山、西伊豆スカイラインにつながる前の絶景でして、ツーリングには最高のロケーションだったりします。

 暇見て撮影行こうかな?と考え中。


続きを読む
posted by ひゃっけい at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

ラブライブ!サンシャイン!!


 「ラブライブ!サンシャイン!!」がっつり見てます。

 何しろ舞台は地元ど真ん中、静岡県は沼津市ですからねぇ。現在ではとなりの三島市の方が元気だし、下手すれば清水町や長泉町の方が元気でしてそんな物語になりそうなものはないような気がするのですが…極端に不便ではないものの知名度は滅茶低く、しかも東京からそれほど離れていない。海もあるし山もある。おまけに富士山も見える(てっぺん付近だけだけど)意外と舞台として悪くないのかもしれませんね。

 高速道路の降り口はあるものの新幹線は止まらない。駅前三大デパートがなくなり閑散とした街並みに加え、地元静岡県のテレビ局では静岡市、浜松市がクローズアップするものばかりでたまに出ても伊豆、三島のおまけ的な扱いな町を選んだ乱心ぶりは何気にうれしい限りですよ。

 本当、元気のない街になってしまった沼津にちょっとした元気のきっかけになってくれたらいいなぁって思います。

 散歩がてらポケモンGO持ってふらふら聖地散策でも繰り出しましょうかね?






続きを読む
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

追憶



 人気アニメ「ちびまる子ちゃん」で主人公の姉の声を担当した声優の水谷優子さんが17日、乳がんのため亡くなりました。51歳でした。所属する事務所が19日、ホームページで発表した事で事実だったんだって驚きました。


 NHKのアニメ「ふしぎの海のナディア」でマリーの声を演じたほか、アニメ「ブラック・ジャック」のピノコ役の声を担当するなど数多くのアニメや映画で声優として活躍してきました。中でも人気アニメ「ちびまる子ちゃん」では平成2年の初回の放送から主人公「まる子」の姉「さくらさきこ」役を担当しており、かわいらしさのなかにも落ち着きのある声でしっかり者の姉を演じて人気を集めていたのでこちらの印象が強い方も多いと思いますが、個人的にはスーパーロボット大戦のキャラクターもなのですが、「赤い光弾ジリオン」のヒロイン、アップルや「マシンロボ クロノスの逆襲」のレオナ役のイメージがとても強いです。


 ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます。



ラベル:アニメ 声優 雑記
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

4DXも考えものです

 やっとこガールズ&パンツァー劇場版観に行けました。

 上映してくれるのはとてもありがたいのですが、期間がきっちり7日間、土曜日はあっという間に予約で埋まっていたので無理やり平日の早めの時間に席を確保する羽目に。たまたま今週夜勤だったので何とか時間確保できましたが、普段だったら絶対観れないなぁ…静岡のアニメに対する偏見って本当なんなんだろう?って思ってしまいます。そのわりにはアニメイトでは現在放送されているアニメの放送をしれっと流していたりしてなんだかなぁと。いい加減課金しないと都市部では普通にテレビ放映されているアニメを視聴できない環境って異常だよなぁって思います。

 それはさておき、ガルパン劇場版ですが、とてもテンポよくテレビアニメの続編としても初めて見るとしてもとても楽しめる内容になっていたと思います。もうすぐDVD化するので詳細は省かせていただきますが、もう一度じっくり見たいと思っています。

 でもね、一つだけ文句があるのならば今回のガルパン、4DXのみの上映でしてこのギミックがとってもうっとうしかったです。シートが揺れるのはまぁいいとして、発砲のたびに起きる煙演出の蒸気や入浴シーンのシャボンなど画面を見たい、洗車のディテールが見たいって思っている立場としては本気でうっとうしかったです。こんなマイナスなギミックのせいで通常料金に1000円プラスされるのはなんだかなぁ…と。

 個人的には映画はじっくり画像のみの勝負、変な演出はやめてほしいなぁと思ったり。

 まぁ、なんでもこういうのは経験ですから、今後どうするかじっくり吟味しようと思います。そして映画みるなら今後はちと遠出も考慮したいと。

 演出もなかなか難しいですね。


ラベル:雑記 アニメ
posted by ひゃっけい at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

青い閃光〜♪

マスターファイル ウォーカーマシン ザブングル -

 まだ部品が生えたり消えたりの謎変形が許されていて時代がまだリアルに染まり切っていない頃。
 
そんな古き良き時代に暴れまくった青き「戦闘メカ」、ザブングルタイプ。

 ガンダムの次の運転席にスコップにワイヤー、木箱、ジェリカン等の小物、クリアパーツにデカール、リベットやステップ等「作業用機械」としての息吹を感じる彫刻等、当時販売されていたプラモデルの中でもかなり出来のいい部類だったウォーカーマシンのプラモデルですが、なぜか脇役ばかり販売され、主人公のザブングルタイプはシリーズ最後発というなんか納得できない商品展開で、しかも主役機という事で期待していたザブングルタイププラモデルの出来は当時の目で見ても格好いいとは言えず閉口したものでした。まぁそのおかげでプラモデルを改造していくって事に抵抗はなくなっていくといった側面もありました。最後に出てきた1/144ウォーカーギャリアは今まで立体物としての説得力を持たせるために挑戦していたディテールはなくなりすっきりしたのとなった事もあってザブングルタイプはどっちつかずな事に…
 そしてなんとなくプラモデルで挑戦しようとして挫折しているようにみえる部分、そう当時の技術では1/144〜1/100スケールでは無理っぽかったザブングルタイプの最大の特徴である「変形」という大きな宿題は、2005年(約10年前なんですね)、「超合金魂」の発売まで持ち越される事になります。

  本書はその「変形」をトイとしての方向ではなく、もっとまじめに内部構造から考えるというかなり無茶な事をやっております。消える部品に厚みの変わる車体、移動するコクピット、構造上無理のある伸縮構造等々・・・その一つ一つを徹底的に理詰めで説得力のあるカタチにリファインしていく。モデルグラフィックスとかでガンダムでカトキハジメさんが散々やってる事ですが、分離・変形・合体とリアル系としてかなりの難物であるザブングルタイプをプロの方がどう料理しているのか、メカ好きの方にはとても面白い読み物になると思います。

 正直、ザブングルタイプの後継機とされるギャリア、ブラッカリーのページが少なくて良かったです。あくまでも「ザブングルタイプ」好きな人限定っぽいマニュアルみたいな展開は好き嫌いでそうですけど僕は好感を持てました。

 設定という観点からみたら後付の外伝みたいなのは、知らないところで活躍していたザブングルって感じで面白かったです。こういう展開があるからオリジナルで模型に反映したいって欲望がわくのです。

 いやぁ〜面白かった。大好きなメカだからこそ、満足度はかなり高かったです。

 好きな物はやっぱり好きでいたいなぁって改めて思ったり。


posted by ひゃっけい at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

ラブライブ!


 「アイドルアニメ? 」萌え系美少女が歌ったり踊ったりするだけのチャラチャラした作品なんぢゃないの?

 はい、僕はそういう偏見の目で見ていたため、完全スルーしていたのですが…ひょんなことから見出しているととんでもなく面白い!

 気が付いたらバンダイチャンネルで一気に最終回まで見ていたり。いやはやなめてましたわ。

 母校を廃校の危機から救う為、立ち上がった穂乃果さんがことりちゃん、海未ちゃんを巻き込んでラブライブを目標に動き出す。さらに1年生3年生を巻き込んで、ぶつかり合ったり蹴つまずいたりしながらもがむしゃらに突き進む・・・「勇気、友情、努力、根性、団結!」 ってこれ、完全に昭和の時代の熱血スポ根物、ジャンプ系のノリともいえますが、各キャラクターがそれぞれ可愛らしく格好いいのです。 

 さらに「スクールアイドル」ってプロジェクト設定が彼女たちの学園生活にマッチしていて重くならない点も良かったと思います。どうしても芸能界を舞台にすると明るくきれいな世界だけではなく影の部分も描かないと物語が成立しにくいのですが、ある意味「部活」のノリで展開できる学園対抗勝ち抜き戦ってのが良かったと思うのです。

  いつの時代にも、こういう単純だけど胸を熱くする青春ストーリーって共感を得るんだなあ、と嬉しくなりますね。高校時代に限定せずとも何かに夢中になって周りを振り回して突き進むって経験は誰にでもあるのでは?

 アイドル物って事で楽曲は名曲揃いですし、本作が何故人気があるのか今なら非常に良くわかります。

 さてはて2期までしっかり突っ走ったのでもうひとっ走り付き合いますかね?って事でMOVIE楽しみです!幸か不幸か前情報全くなしでわくわくできるのだから、これはもう乗っかるしかってね。

 最後に一言、喰わず嫌いはやっぱりそんなんだなぁ…と。




posted by ひゃっけい at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

夜ノヤッターマン BD BOX

TVアニメ「夜ノヤッターマン」Blu-ray BOX -

 現在放送中の「夜ノヤッターマン」がBD化。見始めてからかなり面白いし、懐かしい面と新たな面があって毎週楽しみにしているのですが、もうじきクライマックスなのか…と思うとちと寂しいですね。

 どのような展開が待っているか全くわかりませんが、これは是非手に入れたいと考えています。


ラベル:アニメ 雑記
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

楽園追放



 友人の勧めで購入を決定したわけですが…しばらくは見る時間が無かったりします。わりと王道なSFらしいのでかなり期待しているのですが、詳細は現在は不明。

 なんとなく原作を知っていてそれが面白かったから見るみたいになっている僕個人のアニメに対してまるで予備知識なしで見ようとする感覚が妙に新鮮で今から楽しみ〜♪だったりします。

 まずはどうにもならない今日をどうにかして這い上がって時間を作ろうかと…


ラベル:アニメ 雑記
posted by ひゃっけい at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

3月は赤字必至…


 どーしようか悩んでいたのですが、やっぱり展開がある程度分かっていても面白い物語なのでポチりました。しっかしトライも3月なんですよね〜。

 3月は思わぬ大出費な予感が…まっいっか。


posted by ひゃっけい at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

ガンダムビルドファイターズトライ


 相変わらず静岡では放送してくれませんが…

 ホント地域による放送枠って何とかならないものか?今でこそネットやケーブルテレビの恩恵があるものの、ちょっと前までは放送開始から数か月後のレンタルもしくはセル頼みですから。一度視聴して購入できる環境ってありがたいです。

 放送を見る限り前作の雰囲気そのままにいろいろ変化もあってなかなかの滑り出しかと。新番組で一番期待していたりします。(仮面ライダードライブは嫌いではないけど車しか乗らない仮面ライダーにめちゃ違和感があってねぇ…)

8516.jpg

8517.jpg

 今月は私的にも仕事の方もトラブル続きだったのでなかなか時間が取れていないのですが、ついついプラモデルの方も着々と購入していたり…


ラベル:アニメ ガンダム
posted by ひゃっけい at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

物欲沸々


 「CR涼宮ハルヒの憂鬱」がパチンコ屋さんで稼働開始したからか?BD出ます。以前BD購入しているので今のところ購入は考えていないのですが、ちとCDサウンドトラックは興味があったり…角川戦略に乗りたくはないですけど結構悩んでます。

 僕の場合、しばらくアニメから離れていた時期にたまたまTVで見て(原作はアニメ化発表前にのんびり読んでました)ハマり、そのままアニメ作品を見直す機会となった作品だったりするので思い入れは大きいんですよね。未見の方は是非どうぞ。

 パチンコの方はアニメとパチンコのコラボって…とか思う面はあるもののパチンコになって初めて見る作品にハマったりする事もあるのでまぁ機会があれば久しぶりに打ってみようかと。



posted by ひゃっけい at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

「なのは」BD化

魔法少女リリカルなのは StrikerS Blu-ray BOX

 
 今まで無印、A'sはDVD抑えていたのですが、StrikerSは購入そびれていたのでどうしようか考えてたり。結構いい値段するので…好きな作品ですし購入したいのですが、財政面は厳しいなぁと。まぁもう少し悩もうかと。



posted by ひゃっけい at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

ガンダムビルドファイターズBlue-ray BOX-1

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで> / 小松未可子, 國立幸, 石川由依 (出演); 長崎健司 (監督)



ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>


 さてはて、放送開始前は「なんの冗談?」とか思いましたが、いざ放送開始してみると…まさかここまでハマる事になろうとは。

 こういう毎週の展開が楽しみで仕方がない作品が月曜日(←これ重要)放送されるってのは本当ありがたかったり。仕事開始って憂鬱な気分を蹴倒して何とか頑張ろうって気分にもなります。

 今までのガンダムにある戦争の中での少年の葛藤や悲観的な要素、政治的なドロドロ感、難しい用語は一切なくガンダムの物語が苦手って人でもすんなり楽しめる作品になっていると思います。もちろんガンダムが好きな人にもお勧めです。シンプルな物語ながら魅せる部分は魅せ、抑えるところはしっかり抑えています。何よりスタッフが楽しんで作っているなぁって思えるのがいいのですよ。

 なにより個人的にはこれ観ていると「ガンプラ作りてぇ」って気分になるんですよね。作らず積み上がっていくプラモの在庫を減らす起爆剤みたいな。

 放送は今月末で終了しますが、こういうお祭りみたいな作品また出てきていただきたいものです。

 そしてこの作品にセカンドシーズンとかあるのならば是非静岡で放送してほしいなぁ…と。


posted by ひゃっけい at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

ニブンノイチ

ニブンノイチ/INFINITY (CD+DVD) [Single, CD+DVD] / BACK-ON (CD - 2013)

 放送開始前、まさかここまでハマるとは思わなかった「ガンダムビルドファイターズ」なのですが、のんびりきっちりプラモデルと向き合いたいって気分にさせてくれたとても良い作品です。この曲も主人公2人の事を歌っているようで何気に引き込まれたり。

 最近の通勤のお供です。

posted by ひゃっけい at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

ガンダムSEED

8022.jpg

 ガンダムビルダーズ、並びにアストレイリニューアルに引っ張られる形でなんとなくガンダムSEEDをバンダイチャンネルにて観ていたり。いやはや便利な時代です。

 当初、妙にだるい展開が嫌でしばらく見ていなかった部分もあり、なんとなく避けて通っていた部分もありましてあれでしたが、時が経過したおかげか?変な先入観なしで楽しんで観られました。でもねやっぱり「ガンダム」として見るにはちときついってのもあります。放送当初抱えていた違和感も少なくなんとなく流し観程度ですが今更になって楽しんでいたり。

 この作品もすでに10年以上前の作品なんですよねぇ…時の流れは速くて残酷ですな。
posted by ひゃっけい at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする