2016年11月02日

なんか混沌としているなぁ…と

9296.jpg

 ちまちま雑誌を立ち読みしてたりすると某有名カタナショップが再びなんとなく出しゃばってきていますね。たまたま読んでいた雑誌の対談でもっともっぽい理屈めいた事はある意味ごもっともな面がありますが、相変わらず薄っぺらいなぁ…と。




続きを読む
posted by ひゃっけい at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

高速道路最速110km/hへ

 新東名と東北道での高速道路最高速度引き上げ試行が13日、警察庁から発表されました。ただし法定速度100km/hを超える初めての規制緩和には、これまでにない対策も必要になってくるといいます。

 最高速度が引き上げられる予定区間には速度標識がありません。一般道も同じなのですが、規制がない区間は法定速度が最高速度になるからというのが理由です。110km/hに引き上げる区間は、法定速度を超えるため新たに最高速度を示す標識を設置が必要になります。しかし、これが金属製の丸板に数字の標識ではすまない事態…天候や事故、工事などで臨時速度規制を行う場合がある場合は、110km/hの表示を消さなければなりません。もちろんこうした場合に備えて、高速道路にはLEDで速度表示をする標識がありますが、こうした電光標識には「110」という3桁の数字を示す機能がありません。道路を管理する高速道路会社は、新たな標識の設置に追われることになります。

 一方、110km/h区間を抱える警察本部は事故防止対策に腐心しています。新東名(新静岡〜森掛川IC)の試行区間のある静岡県警本部交通規制課は、こんなことを運転者に訴えています。

「開始日が決まったら各警察本部にもご協力いただき、運転者への注意をしなければならないと思いますが、今回の試行は110km/h。120km/hではありません。それに、8トン以上のトラックは今まで通り80km/hで、引き上げはありません」

 制度距離が延びるためそれに応じた車間距離の確保や、追越車線に長く留まらず走行車線に戻る運転が、これまで以上に必要になってきます。試行開始は対象区間の改修工事の終了を待たなければなりません。準備が整い次第ということになりますが、17年度末までのスタートだけに、2018年以降の可能性も出ています。

 ぶっちゃけ高速道路利用者としては、最高速度100km/hでも構わないと思います。でもね80km/hしか出せないはずのトラックが追い越し車線でちんたら我が物顔で占拠して往来するシステムに問題があるような気がするのです。もちろん事情もあるかもですけどね。クルマにしてもやたら加速して乗る人もいれば法定速度以下でのほほんと乗っている人もいたりで安定感はありません。なかなか難しい問題ですが、せっかく整備された道路ですから事故の無いよう楽しく活用したいものですね。


posted by ひゃっけい at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

今更ですが…

 「バイクは危ない」とよく言われ続けています。そりゃもうあきれるほど。


 乗りたいと思っても家族の反対で購入を取りやめた方もいらっしゃるでしょう。反対を押し切ってまでは…って思う人もいらっしゃるかと思います。


 危険、危ないってイメージは多分悪しき教育関連が打ち立てていた「三ない運動」の影響が大きいのではないでしょうか?1982年から最近まで全国高等学校PTA連合会が掲げてきた指針によって、ネガティブイメージが幅広い世代に定着したことが背景にある事とバイクが邪魔に思えるドライバーが意外と多いのが原因かもしれません。


 でも、近年の自転車はどうでしょう?近ごろ流行のロードバイク(自転車の一種)は四輪車に混じって車道を走るという利用実態は、オートバイと同様であるどころかほぼ無双な状態でさらなる危険性をはらんでいますし、都市部では、子育てママが自転車の前後に子どもをのせて3人乗りで走る姿もひんぱんに見かけます。どちらも交通事故にまつわる危険性はめっさ大きいのに、だから「やめろ」という声はなかなか聞こえてこないのが現状です。個人的には自転車の存在がうっとうしい事は多々ありますが。


 自転車は、四輪車にはない便利さがあるから選ばれています。そしてバイクは、両者の中間的な性質をもつ乗り物です。四輪車ほどの積載力はないが、ひとりでの外出シーンでは四輪車より機動力が高く、駐車も容易で、車庫証明の必要もないメリットがあります。


 郊外世帯が夫婦ともに所有する四輪車の片方をオートバイに置き換えることで、あるいは都市部の単身者が諦めていたクルマの代わりに購入することで、手に入る自由さがあるはずのにその前に立ちはだかるのが、前述のネガティブイメージだったりします。


 もし、自転車がバイクのよう悪しきイメージをつけられたらどうなるのでしょう?多分駐輪場は消え、警察の取り締まりの格好のえさになり、下手すれば免許を取得しないと自転車の運転ができなくなる…ってこれ意外とよくね?


 今年バイクの自動車税が増えたけれど、バイクを取り巻く環境は全く良くなっていません。無数にある駐輪場は自転車専用で存在し、いたるところを我が物顔で闊歩しています。携帯、スマホ、音楽をヘッドホンで聞きながらの運転なんて当たり前、道交法なんぞ知ったことかみたいな連中は税金すら払っていません。


 自転車の運転に適さない環境をとかのたまう前にやるべきことはあるのでは?と。



ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

マツダレストア事業開始へ

 一寸驚いたニュースでマツダが、過去に発売し今年4度目のモデルチェンジを果たした「ロードスター」ですが、過去のモデルを新車同様に復元するレストア事業を始めるとか。とりあえずは初代を対象にオリジナル部品の製造、供給体制が構築される事になりそうです。


 マツダが1989年に発表し、販売した初期型ロードスターは総生産台数がおよそ43万台にも及ぶ大ヒットとなり、世界中の自動車メーカーがそれまで消えかけていたオープンカーを開発、発売するきっかけになったともいわれています。そういえば、1990年代よくロードスターが走っている姿を見かけたものです。これだけ爆発的なヒットになったのに会社としては傾きかけ、フォードと提携を結んだりと必死だったのはある意味皮肉でもありました。


 それでも今でも頑張っているマツダの屋台骨のひとつになったロードスターですが、登場してからすでに27年経過し、交換部品の製造、供給はすでに終了し、アルミホイールやサンバイザー、ダンパーなどについては社外品や代替品でやりくりしているオーナーも多いとか。今回のレストア事業について、古いマツダ車を大切に乗っている事に感謝するとともにユーザーのニーズや声に真摯に応えられるようにまず、初代ロードスターをターゲットにしたそうです。


 実に面白い試みだと思います。特にマツダの場合、ロードスターだけでなく、ほかのメーカーにないあのエンジンロータリーエンジンの件もありますし、焦らずじっくり取り組んで欲しいところです。



ラベル:雑記 クルマ
posted by ひゃっけい at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

あんまりごちゃごちゃ考えない方が良いのかも?

9251.jpg

 バイクに乗るようになって続いている習慣として天気予報の確認ってのがあります。

 クルマと違って雨、風の影響をもろに受けるので雨対策のためだったりしますが、自然現象に逆らえはしませんし雨が降れば濡れるし風が吹けばゆらゆらしたりと安定性に欠けある意味危険もあります。で、結局最終的にはバイクに乗りたいからそのまま出かけるって決断ばっかりしています。あれこれ考えても仕方がないし天気が悪いなら悪いなりに穏やかに運転すればいい。そもそも天気予報が完全無欠に当たるわけでなし。

 本日降水確率60%でしたが、まるで雨の降る気配なし。ここしばらくオリンピックに押されてあまりはっきりとしたニュースにならない天気予報に振り回されてもつまらないのでふらふらバイクで出かけようかな?と。


posted by ひゃっけい at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

閑話休題

 正直クルマの運転って個人的には好きではありません。世間一般で自動車社会と呼ばれようが好きではないものに関心は薄くなります。とはいえバイクに乗っていても周りにはクルマだらけなので結局は考える事が多いのですが…

 それでもちょっと前までの自動車社会みたいな言われ方をしていた時代と比較したらクルマの運転が楽しいって思っている人ってかなり減少しているのではないでしょうか?MT車と比較してはるかに多いAT車のラインナップはもちろん、より楽により安全にって追突防止策やら燃費、しまいには自動運転と自動車はドライバーに対して表向きは優しい方向へ技術開発が進んでいます。その一方でクルマとドライバーの一体感とかフィーリングとかを謳い文句にしているCMが今になっても消えない陳腐さもあきれるというより笑い話です。

 少なくても毎度毎度公道走っていれば「今クルマの運転を楽しんでいるなぁ」って思えるドライバーはごく少数としか思えません。

 音楽やテレビを見ながら、煙草の灰を窓から捨ててドアに腕乗せてとか、スマホをいじりながらとか、物を食べながらとか…クルマの運転が楽になるにつれてやれる事が増えているからかは知りませんが、クルマの運転を楽しんでいるようにはとてもではないですが見えません。

 まぁほしいなぁ、運転してみたいなぁって思うクルマすら出てくれない現在では仕方がない事なのかなぁ?

 そういえば、クルマのプラモデルも魅力的なものがなくなってしまったのは何時からでしょうかね?


ラベル:クルマ 雑記
posted by ひゃっけい at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

ただより怖いものはなし?

9247.jpg

 現在小回りのきくアシとして乗り回しているKSRくんは、ひょんなことからただで入手し今に至る事はちまちま記事にしてきましたが、正直ここまでのめりこむとは思っていませんでした。

 元々近くに用事がある場合、カタナだと不便な面があるので駐車に困らない原付は欲しかったものの、特にギア付きにこだわっていたわけでもなく排気量もそこそこあればいいや位の感覚でいろいろ物色していた時に友人からいただいたわけですが、エンジンが復活してからあれやこれやと手を加えていく事になろうとは…もらった時にはまるで想像できませんでしたよ。

 エンジンのオーバーホールのためにばらしてアパートに持ち込んで部屋のひとつをつぶして作業した苦労した事やたまたま見つけたNSRのホイールの装着に四苦八苦したり、ホイールと一緒に購入したブレンボブレーキのコントロール性の高さに驚いたり(正直当時、ブレンボキャリパーのポテンシャルなめてました)、キャブレターのセッティングに悩んだりといろいろ面白い経験になりました。

 KSRが動くようになった頃、カタナのカスタムが進行することになってプロの技術力に驚愕しながらちまちまKSRをいじっていったのでした。

 カタナに関しては自分のいじれる部分とプロに任せる部分と線引きが出来、いくらいじっても僕にはどうしようもない部分やこうしたいって要望など様々な事に答えてくれたオートマジックさんに出会えたから今の形があります。社長さんやスタッフさんには本当感謝です。その一方で教えてもらったノウハウをなんとなく生かす実験材料がKSRだったりします。

 お店に自分の要望を聞いてもらい相談しながら仕上げていくのもカスタムの道ならば自分自身の浅知恵で出たとこ勝負でちまちまいじっていくのもカスタムです。

 ただでもらったKSRでどんどん深みにはまってもう戻れない、戻る気もない…ただより怖いものはなしってのはよく言ったものだなぁと。


ラベル:雑記 バイク KSR 整備
posted by ひゃっけい at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

痛恨の一撃

  久しぶりに大ポカ、本日の作業は完全に水の泡…

9245.jpg

 フロントフォークからのオイル漏れがかなり深刻な事になってしまったKSRのために奮発して110用のフロントフォークをヤフオクにて落札したのですが、ここでまさかの盲点。KSR110とKSR-Uでブレーキキャリパーが違っていた事が判明したのでした。フロントフォーク自体は同一径なので組み付け可能なのですが、ブレーキキャリパーが変更されていたため今回使用できない事に。

 当然うちのKSRに組み付けるにはキャリパーサポートを作り直す必要が出てしまうわけです。さすがにそんな余裕はなし。アルミから削り出すとしたらかなり時間がかかってしまうわけで、今回泣く泣く現状へ戻す羽目に。

 なかなかうまくはいかないなぁ…ってそんな一日でした。


ラベル:整備 KSR バイク
posted by ひゃっけい at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

月まで3km

9223.jpg

 久方ぶりに浜松方面へ出かけたのでついでに撮影。

 結構前に訪れた場所ですが、あの頃と変化なくて一安心。「月まで3km」の標識も健在でした。


続きを読む
ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

ガソリンスタンド

9217.jpg

 もっぱらガソリンスタンドはセルフ店を選択します。フルサービス店へ行ってもバイクでは意味がないので。

 クルマと違い窓ふきもなければ過剰なまでの点検サービスもなく店によってはバイクで行くとかったるそうな態度をとるところも多くて利用する方としても面白くないからって事もありますが、バイトしてた頃を思い出すとなんとなくわかるところもあります。

 フルサービス店だと店員さんがガソリンを入れてくれますが、その時ライダーはバイクから降りますか?たいていの人は乗ったままってパターンが多いのではないでしょうか?それが悪いとは言いませんが、人が乗っている時とサイドスタンドを立てて停車している時とではガソリンの入れやすさは変化します。そりゃ不安定な状態より固定されていた方がガソリンが入れやすいですよね。

 まぁ毎度そんな気遣いできる場合ばかりではないので今日もせっせとセルフ式ガソリンスタンドを探します…



ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

住めば都といいますが…

9183.jpg

 静岡県は東部の故郷に帰ってきてから結構な年月が経過しましたが、やっぱり今になっても違和感というかむずかゆさといいますか、どうにもしっくりなじめていない自分がいます。

 長い事のたくっていたくせになんかねぇ…それなりに遠くへ転勤していた時は程よくなじんでいろいろ出かけていたわけですが、勝手知ったるなんとやらは少々遠距離ツーリングには足かせになる部分もあるようです。

 本当近くに伊豆、箱根、富士山周辺とバイクと遊ぶには絶好のロケーションがそろっているし適度にのどかな面もあるのでついつい遠出しなくても近場で満足しかけるんですよね。しかも長い事いたわりに知らないルート見つけてたりするのでたちが悪かったり。現状の環境でバイクパーツを扱うショップが充実していたら…って思うとかなり恐ろしい事態だなと。

 ネットの普及でかなりの面はカバーできますが、旅に出たいって気持ちはずっと持ち続けたいなと思います。

 「便利なものを駆使して手に入れる賢者よりご当地目指して彷徨う愚者でありたい」みたいなね。


ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

まぁそんな日

9219.jpg


 TUTAYAへ本を買いに行ったときたまたまオドメーターが212121を示していました。狙わずにこういう発見があるとちょっとだけうれしいですよね。

 たまたま本日、有休だったのでもう少しふらふら出かけようかと。


ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

日常と非日常の葛藤…みたいな

9192.jpg

 「旅は目的を果たし、無事に自分の居場所に帰って初めて完成する」

って誰だか言っていた気がしますが、これがなかなか…難しい。あーすればよかったとかあそこへ行ってみたかったとかどうしても未練が残ってしまいましてね。

 目的の場所にたどり着いて満足感を味わい、家路に向かうのは正しいと思うのですが、どうしても「あと少し、もう少し」って見知らぬ場所を求めてさまよいたいって願う自分がいたりします。雨に打たれてもひもじい思いをしても、その日の宿がなかなか見つからなくてもその時は後悔が起きまくっているのに、最終的には「楽しかった」って思う自分がいます。しかもそういう体験をした時の方が印象に残っているからたちが悪かったり。

 こういう行動を周りは「馬鹿」ってからかいます。そういう意見もよ〜く分かります。

 でもね、効率よく無難な道を選んで楽しむのが利口なやり方というのならば、辛いのか楽しいのか?わからないのならばやってみるって馬鹿でいたいと思います。

 さて、ゆっくり遠回りしながら日常に帰りましょうかね?




posted by ひゃっけい at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

スズキも規定外測定?

 スズキは18日、国土交通省の規定と異なる方法で自動車の燃費試験に用いるデータを測定していたと発表しました。

 2010年ごろからこうした測定が行われており、主力軽自動車の「ワゴンR」や登録車の「スイフト」など、現在販売中の16車種全てのデータ測定に問題があることが判明。対象台数は計210万台超に。三菱自動車の不正に端を発した燃費測定の問題は、日本を代表する軽自動車大手にも波及した形になりました。

 ただ、スズキは「燃費性能を偽る不正行為はなかった」と偽装の意図を否定。実際の燃費は測定誤差の範囲内にとどまると説明し、全車種の生産・販売を継続する方針を示しています。

 一方、国交省はスズキの説明について「正しいかどうかしっかり見極める必要がある」(自動車局)と指摘。同社に裏付け資料を伴う追加報告を31日までに行うよう指示しています。

 国交省は、三菱自による燃費データ不正操作問題を受け、他の自動車メーカーにも同様の不正がないかどうか調査し、18日までに報告するよう求めていたそうです。三菱自とスズキ以外からは、不正はないとの報告を受けたとしています、はたして?

 スズキの鈴木修会長は同日、国交省で記者会見し「定められた方法を用いなかったことを深くおわびする」と陳謝する一方で「燃費表示に問題はない。お客さまに迷惑をかけることはない」と強調しています。経営責任については「改善が第一。現時点ではコメントを控える」と述べるにとどめています。 

 燃費だけで車種を選択してはいませんが、なんかもやもやしたものが残ります。つい最近ジムニーのオイル交換の際、「ウチは燃費不正してませんよ」なんて冗談交じりにバカ話した矢先にこれじゃあねぇ…


ラベル:雑記 クルマ
posted by ひゃっけい at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

USB電源取り付け


  取り付けようと思って購入したのにすっかり忘れて久しかったUSB電源をかたなに取り付けることにしました。

 取り付け方法は難しくないのですが、わりとハーネスが長めなのである程度レイアウトを考える必要はあります。まぁ臨機応変で問題ないかと。

9193.jpg

 今回、プラグ交換もかねての作業だったので、ガソリンタンクをずらす必要がありどうせならって事で取っ払いハーネスをフレームに添わせていきます。

9194.jpg

 隙間がある程度あるのでレイアウトを考えるのが面白かったり…

9196.jpg


9195.jpg

 意外と困ったのがUSBカプラーの取り付けでして、ハーネスよりこちらの方が試行錯誤したり。

 結構ツーリング時のスマホ使用率が上がっているのでその対策をって事で。バッテリーの負荷に影響ないか?しばし様子を見ようかと。


  取り付けようと思って購入したのにすっかり忘れて久しかったUSB電源をかたなに取り付けることにしました。

 取り付け方法は難しくないのですが、わりとハーネスが長めなのである程度レイアウトを考える必要はあります。まぁ臨機応変で問題ないかと。




続きを読む
ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

日曜日の朝いちばんに〜♪

9184.jpg

 差し込んだ光と終わらない物語の続きへ…

 見知らぬ場所での深夜の走行も楽しいのですが、日の光が出るか出ないかの微妙な瞬間に走り慣れた場所の走行もやっぱり楽しいです。最近はもっぱら早朝狙いのプチツーリング気分の走行が楽しかったりします。本当に今の時期は、寒かったり暖かったりと困惑する事もありますが、やっぱり気分的には爽快です。夜勤もこういう気分を味わえるのなら悪くはない?かも。

 本日は、オイルやブレーキフルートの交換とかタイヤの空気圧調整とかサスのセッティング変更とかちまちまいじっていたのでそこいらの試し乗りもかねて早起きしてたり。なかなかベストな設定は出ませんがこういうちまちました作業は滅茶楽しい。それが自分の相棒ならなおさらです。

 朝っぱら調整していたのは本日は別件があるのでその前にやれる事をやっときたかっただけなんですけどね。

 本日は友人と静岡ホビーショーへ行く予定なので、切りのいいところでまとめないとね…って思いつつあともう少し…




ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

三菱自動車 取締役会で業務提携へ?

 12日午後にも発表。三菱自、日産の事実上の傘下へ…?


 日産自動車と三菱自動車は12日、それぞれ取締役会を開き、資本業務提携することを決めるとニュースが入ってきました。


 日産が三菱自の第三者割当増資を引き受ける形で約2000億円を投じ、三菱自株の3割超を取得し、事実上の傘下に収める方向らしいです。燃費データ不正で経営の悪化が避けられない三菱自の再建を支援し、海外での生産・販売で連携、同日午後にも発表する見通しってのがあらまし。

 世界販売台数は、これが実現すると日産と資本提携先のルノーに三菱自を合わせ、トヨタ自動車やフォルクスワーゲンに迫る規模となる模様。4/20に発覚した三菱自の燃費データ不正は、わずか3週間余りで業界再編へと発展する見通しがでてきました。正直、なんだかなぁ…って感じ。三菱自動車に対して大したイメージはありませんが、正直日産が三菱自を抱き込めるほどの度量があるように思えないんですよねぇ…なんか共倒れな気配もなくはなしって感じがあります。ゴーンの給料を削る口実だったりして。


 両社は資本業務提携入りについて、「きょう開催の取締役会で議論する予定」と発表しました。増資引き受けが決まれば、日産の持ち株比率は、三菱自株を約2割保有する三菱重工業を上回り筆頭株主になります。重要な議決で拒否権を持つ1/3を上回る方向で持ち株比率を調整する方針らしいです。


 なんか三菱自らしいうやむや感を伴ったらしいと言えばらしい方向へ収束しそうですね。正直、個人的には消化不良ですけどね。



ラベル:雑記 クルマ
posted by ひゃっけい at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

増税

 とうとう今年からかたなくんKSRくんの自動車税が増税されることになりました。

 かたなくんの場合は4000円→6000円、KSRくんで1200円→2000円と約33%値上げとなります。

 まぁ、来ちゃったので払いますがね、やっぱり納得はしていません。地球温暖化とか異常気象だとか話題になったのは結構前からですが、行政のとる行動は「古い乗物は排気が汚い」から税金上げるってとっても現金な政策をぶちかましてきました。でもそれっておかしくないかなぁ?

 旧車って言われても、排気ガスを発生させるのはエンジンであってフレームやボディーは関係ないはずです。乗っていられる機械が他人から見てたら旧式であっても使っている本人からすれば現役、現在進行形な機械です。環境問題とかエコとか言う前に行政はやる事があったのではないのでしょうかね?環境に対しての対策として新しいクルマ、バイクを買ってくださいって言われてはいとは個人的には全く言えません。逆に税金払うなら文句言わないんですよねって勘繰りたくなります。

 今、本当にやらなくてはいけないことは今あるクルマ、バイクを大切にしながら、環境に適したギミックを搭載していくかって事ではないでしょうか。

 地球規模の環境に対しての取組としてクリーン化っていうのは目指すべき指針です。しかし、今まで展開してきた各メーカーの技術やイメージをつぶしかねません。

 つくづく行政はバカだなって思った次第…逆に自分の相棒をどうやって延命していくか?じっくり考えてみようかと。


posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

今日GAG日和?

9178.jpg

 皆さんはGAGってバイク知っていますか?

 YSRやNSRに隠れがちで、なかなかお目にかかる機会が少ないバイクなのですが、なぜか今日は神奈川でGSX-R風とピンク、そして富士で上の2台と全4色コンプリートすることに。今日、なんかイベントあったっけ?

 1986年っていうから今から30年前にスズキから発売された50ccミニバイクです。バックホーンフレームに4ストロークエンジンを搭載、フロントディスクブレーキにリアにモノクロスサスを装備し、GSX-Rのレプリカとしても見劣りしない豪華仕様はヤマハのYSR、ホンダのNSRの先駆け的な存在とも言えますが、後発の2車種が7.0〜7.2馬力の2ストロークに対し、ビジネスバイクのバーディーベースの4ストロークの5.2馬力とスピート至上の時代ではちと見劣りする面もありました。でも、トコトコ走る感覚は4ストローク50ccのモンキー、ゴリラと比較しても見劣りするどころか優っている面が多く、実に面白いバイクです。ちと真っすぐ走らせるのがきついとか、今の時代、車の死角に入りやすく気が抜けなかったりとか特有の弱みもちまちま…でもね初心者からベテランまで楽しめる懐の深さはやっぱり傑作のひとつなのでしょう。とっても久しぶりだったものでお願いして試乗させてもらったのですが、扱いやすい特性に思わずにんまりしてしまいました。

 過去フジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげです」のコーナードラマ「仮面ノリダー」で木梨憲武さんが演じるノリダーのバイクとしてYSRを使用していましたが、当時スポンサーだったスズキのクレームによりGAGへ変更したなんてエピソードがあったりします。

 この2台のGAGはそろって高校生コンビでして、「今あるスクーターよりこっちのが面白いから」って理由で所有しているとのこと。当時でもあまり部品はなく、厳しいようですが、何とかやりくりできているとのことでした。

 こういうバイクが市場から消えて久しい現在、メーカーとしても行政にしても業界にしても見直すべきかと思います。何しろこういうバイクがほしいって一生懸命見つけてくる初心者ライダーが多いって事実にどれだけの業界の人が気が付いているのでしょうか?「楽しいって思えるから乗り続けたい」バイクに関してはこういう意見はしっかり受け止めるべきです。新機種、新車種もいいですが、世の中、旧車に対しての違和感のなさは自動車以上ですし、雑誌などでもニューモデルをもてはやしつつ、過去の車種を特集する事態をもう少し考慮すべきです。魅力的なバイクってもしかしたらそういうところに隠れているのかもしれませんね。


ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

20000km到着

9179.jpg

 メーターカバーの強度確認って名目でふらふらその辺走っていたら…オドメーターが20000kmを刻んでいました。G.W.にはここまで行くかな?とか漠然と考えていたのでまぁ予想通りともいえるかも?

 これでエンジンをGSX-Rの物に換装してから190000kmとなります。(2015年 1/9に70000km到着の記事書いてましたね)

 月到着までやっとこ半分到着。先はまだまだ遠いなぁ…と。


ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする