2017年03月18日

雑記

9372.jpg

 「大好きなかたなにスズキの代表的なエンジンである油冷エンジンを搭載してみたい」

…って僕の夢を実現したある意味無茶苦茶なコンセプトに対し、同じ考えを持っていたカスタムショップが先に構築していた事実に驚きつつも憧れ、いつかはって頑張って現実にこの油冷エンジン搭載型かたなは完成しました。

 今振り返ってみると、油冷エンジン搭載のGSX-Rは某カスタムブームにて足回りは重宝されたものの、エンジンに関しては邪魔者扱いされ朽ちていった物も多かったと推測されます。そんな中で生き残っていたこのエンジンにまずは感謝ですね。何しろのんびりだったり加速に次ぐ加速だったりと無茶苦茶な扱いを受けても20万kmを超える強靭さを見せつけているのですから…

 惚れた乗物に乗り続けるのは困難になっている時代にどこまで抗う事が出来るのかは正直分かりません。だけど好きな物は好きだと戦う気持ちだけはなくしたくないなぁ…と考えています。

 少なくても僕がずっとこいつでたどり着ける場所に行きつくまでは…ってね。


ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

倒れない「自立バイク」世界初公開

 最近、排ガス規制やABS標準装備化と取り巻く環境が厳しくなる一方のバイク関連ですが、こんな中でも新技術を組み込み進化させようと頑張ってるのはうれしく思えます。


 ホンダは、人が乗っていなくても自立する二輪車「ホンダ・ライディング・アシスト」を家電見本市「CES 2017」(米ラスベガス、1月5〜8日)で世界初公開したとのニュースがありました。


 「ASIMO」などヒューマノイドロボットの研究で培ったバランス制御技術を応用し、ライダーが乗っている状態でも誰も乗っていなくても倒れずに自立し、ライダーがバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保ち、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減するのだとか。


 操縦性は既存の二輪車と同等といい、「ツーリングやバイクのある日常をより楽しくするための提案としています。


 転倒の危険性が減るということはバイクという乗物に対して世間の観方にも変化を与えうる画期的なギミックとも言えますが、どこかでちょっとバイクらしさって?って面はどう考えていくのでしょう。難しい事はよくわからないものの、安全で使い勝手の良いコミューターとしての提案として素晴らしいものがあるのではないでしょうか。



ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

継続は力なり…かも

 年末から年明けは暖かく天気の良い日が続きましたね♪

 今回の冬休みは、実家でまったりとしながらもフラフラ遠乗りしたりして過ごしていました。

 うちの自家用車であり、長年連れ添ってくれた相棒もD.F.C.化したりエンジンをオーバーホールしたりと大改修してから2年とちょっと。オドメーターは年末に30000kmを刻んでいました。

 フレームやエンジンをアップデートした記念と言いますか?リセットと言いますか?とりあえず心機一転みたいな感じでエンジンオーバーホールから少し遅れてメーターを新品に交換したのが2015年の1月末なので2年経過する前に30000km走行到達って事になります。と言うことは…

9351.jpg

 GSX-1100Rのエンジンに換装してから200000km走行した事になります。残念ながらメーターは99999.9kmで一回転なので証明するものは残っていないものの(過去の記事に掲載した記憶はあるんですけどね)、それだけ続けて乗っていたんだなぁと感慨深かったり。

 「かたなにずっと乗り続ける」って決めたわけでもなかったし、もっと乗りやすく使い勝手の良いバイクはたくさんあったはずなのになんとなく乗り続けていて手を加えたり修理したりしつつ、カスタム化してもらったりしていくうちに結局いいところも悪いところもひっくるめて「これがいい」って言いきれるのは継続の結果なのでしょうね。

 こんな相棒の整備やアドバイスをしてくれたりカスタム化してくれた皆様に感謝です。特に刀ってバイクと油冷エンジンをこの世に生み出してくれたスズキには大感謝です。こりゃ「完全に誰が見てもスズ菌感染者」って言われても仕方がない?

 周囲や環境は刻々と変化していろんな事が起こるでしょうが、楽しみながら今後もずっとこのかたなに乗り続けていきたいなぁと。


ラベル:整備 バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

ハヤブサ組立そのF

 のんびりでもちょっとずつは進行中…ってな事でハヤブサ組立はまだ続いています。

9325.jpg

 エキゾーストパイプ塗装しました。本来は黒らしいのですが、なんかつまらないのでステンレスシルバーベースにちまちま金色っぽくした後クリアーブルークリアーレッドで味付けしてでっち上げでノーマルっぽいけどパーツ交換してみました風に仕上げてみました。マフラーは個性を出すなら面白いパーツですので少し頑張ってみたのでした。

9326.jpg

 サイレンサーを組み付け本体へ装着。しばらくシルバーか黒ばっかりの塗装だったのでいいアクセントになってくれているように見えるのは自画自賛ですかね?でもちょっとずつそんな気分が蓄積すると完成させたいって気持ちは確実に上がるのでこのままのテンションで進行したいところ…

9327.jpg

 って最大の難問が目前に迫っていたり。カウル類の塗装始まりました。黒サーフェーサーで塗装後、シルバーを薄めに吹き付け現在乾燥中。

 ギンブサもいいよねぇってマスキングさぼりたい気持ちを抑えつつ…→続く。


posted by ひゃっけい at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

懐古趣味ってわけではないのですが…


 今のバイクに魅力がないか?と問われればそんなことはなく、フレンドリーなくせに本気になったとしても何気に満足させてくれるポテンシャルを持っていたりしますし、メンテナンスの面でもかなり頑丈に作られているようで別段いじらなくても楽しめるようになっていますが…なんか優等生すぎる傾向があるように思えます。ギミックも複雑化して電子制御のてんこ盛りで「乗る」だけならば満足できてもなんかとっつきにくい面があったりします。お値段も上昇するしでなんかバイクがクルマと同じ方向に向かっているようでちと手が出しずらくなっている気がしています。

 バイクって安く入手してちまちま手を加え、失敗しながらも理想に向かって突き進むみたいな身近な機械ってイメージがあるのですが、最近はなかなかね。

 じっくりのんびり当時手に入れられなかった機体をいじりたいって思っているのに現状では難しいのでこういった雑誌にはかなり助けられています。

 また、のんびり機械いじりしたいなぁ…


ラベル: バイク
posted by ひゃっけい at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

スズ菌ふつふつ…


 「別にスズ菌感染者ぢゃないんだからね!」

  って宣言しても説得力ないのがね…個人的には小型バイクとか2ストロークバイクはヤマハ一押しですし(RZはまた所有したいと思うし)、オフロードはカワサキばっか乗ってたし(オフとは言い切れないけれどKSRは現在も稼働中)、スズキ愛好者もといスズ菌感染者みたいに言われるのはちょっと…って思っていたのですが、惚れたバイクはGSX-R、乗り続けたい愛すべき相棒はGSX-750Sかたな改、乗りたいクルマはアルトワークス(ただし平成元年〜6年式に限る)、現在ジムニー所有とくれば否定しきれないですね。はい、僕は過剰品質な商品を作り出すのにどこか抜けているってとってもいとおしいスズキって…大好きです。

 カタナみたいな画期的なバイクを作ったと思えば東京タワーと指さされるインパルスを作ったり、ΓやGSX-Rといったレーサーレプリカをどどんと立ち上げ、運輸省に喧嘩売るような事をしでかしたりと時々とんでもな事をしでかすスズキから登場した最速チャレンジマシン…そうGSX1300「隼」です。当時300km/hの壁をドノーマルで打破したすごいバイクです。(隼の搭乗前に一応ホンダのブラックバードが300km/hの壁を打破したと言う意見もあるでしょうが、あれは最高速チャレンジのカスタムを施したマシンなので個人的には除外です)

 実は機会があってちょっとだけ乗った事があるのですが、「最高速300km/h以上出る」って言葉にびびりつつ乗ってみると、意外にも素直でしてとっても乗りやすくて拍子抜けした記憶があります。正直こいつでとことこのんびり流しても楽しいフィーリングでした。ちと峠とかでは重い感じがあるものの21世紀の技術の進歩はそら恐ろしく思ったものでした。

 今回、友人から格安で田宮の隼のキットを譲っていただいたのでじっくりのんびり組み立ててみたいなぁって思った次第。

 最近、なんとなくネットを閲覧させていただいていろいろと力作を見ているとなんとなく満足してしまっていて「このままぢゃまずいなぁ」って奮起する意味でもちまちま作業してみたいなぁ…と。


posted by ひゃっけい at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

運転経験の差…なのか?

 最近、クルマの運転が本気で怖いって思う事があります。まぁ乗らない方が多いのである意味仕方がないとも言いたくはないですね。それじゃ普段乗らないペーパードライバーと変わらないしね。

 若い頃は運転技術は未熟でも動体視力とか決断力とか瞬時に働き、あまり気にしていなかったのですが、クルマの運転時とバイクの運転時の判断というより感覚のギャップが広がってきている気がするのです。どうもクルマの運転時の危険予知能力が弱まっているなぁ…と。

 バイクの感覚とクルマの感覚の差を埋める手段を模索しないとね。これからの季節は特にクルマの運転も増えるのでとりあえず気を引き締めてステアリングホイールを握る事にします。






ラベル:クルマ 雑記
posted by ひゃっけい at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

最近出番なし

9101.jpg

 …ってのはうちのジムニーの話です。

 まぁ乗ってませんね。去年は通勤に使わないと全く乗らなくなりそうって思ってなるべく使用していましたが、今年に入ってからはどんどん走行距離が短くなり、先月に至っては通勤に数回使用しただけまでになってたり。ナンデダロネ?

 通勤などの日常の足にはかたな君が、買い物とか近場のお供はKSRが大活躍、雨風くらいはなんとやら…とそりゃ出番ないわ。

 それでも購入してから約2年で12000kmは運転しているのですからまるで乗っていないわけじゃない?とは思いつつ、クルマとしては走行距離は少なめだとか。

 これから季節は冬になりどんどん寒くなるでしょうからぼちぼち乗るかな?と考えつつ今日もヘルメットとグローブをひっつかむのでした。

 とか言っていたら今日から明日に欠けて雪の予報が…これは久しぶりの出番かな?




ラベル:クルマ 雑記
posted by ひゃっけい at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

帰り道で実験中

9300.jpg

9299.jpg

 バイクに乗っていてなんとなく目の前の風景を同じ目線で撮影する方法はないかな?って思うことがしばしばあります。動画として撮影すればまぁそれなりに撮影できますが、取りっぱなしにしてスナップしたいシーンは数コマと効率はよろしくない。

 なにか面白い手段はないかなぁ…と現在模索中。

 今回は「旧車天国」の帰り道でバッテリーもMDにも余裕があったので実験してみたところなかなか…思っていた撮影ポイントとと撮影している範囲が一致していなくて今一つな結果に。

 もう少し試行錯誤してみることにします。


ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

「何をいまさら…」ってはなし

8779.jpg

 ちょっと前に撮影した写真を見ていてちと思った事を少々…


続きを読む
ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

なんか混沌としているなぁ…と

9296.jpg

 ちまちま雑誌を立ち読みしてたりすると某有名カタナショップが再びなんとなく出しゃばってきていますね。たまたま読んでいた雑誌の対談でもっともっぽい理屈めいた事はある意味ごもっともな面がありますが、相変わらず薄っぺらいなぁ…と。




続きを読む
posted by ひゃっけい at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

高速道路最速110km/hへ

 新東名と東北道での高速道路最高速度引き上げ試行が13日、警察庁から発表されました。ただし法定速度100km/hを超える初めての規制緩和には、これまでにない対策も必要になってくるといいます。

 最高速度が引き上げられる予定区間には速度標識がありません。一般道も同じなのですが、規制がない区間は法定速度が最高速度になるからというのが理由です。110km/hに引き上げる区間は、法定速度を超えるため新たに最高速度を示す標識を設置が必要になります。しかし、これが金属製の丸板に数字の標識ではすまない事態…天候や事故、工事などで臨時速度規制を行う場合がある場合は、110km/hの表示を消さなければなりません。もちろんこうした場合に備えて、高速道路にはLEDで速度表示をする標識がありますが、こうした電光標識には「110」という3桁の数字を示す機能がありません。道路を管理する高速道路会社は、新たな標識の設置に追われることになります。

 一方、110km/h区間を抱える警察本部は事故防止対策に腐心しています。新東名(新静岡〜森掛川IC)の試行区間のある静岡県警本部交通規制課は、こんなことを運転者に訴えています。

「開始日が決まったら各警察本部にもご協力いただき、運転者への注意をしなければならないと思いますが、今回の試行は110km/h。120km/hではありません。それに、8トン以上のトラックは今まで通り80km/hで、引き上げはありません」

 制度距離が延びるためそれに応じた車間距離の確保や、追越車線に長く留まらず走行車線に戻る運転が、これまで以上に必要になってきます。試行開始は対象区間の改修工事の終了を待たなければなりません。準備が整い次第ということになりますが、17年度末までのスタートだけに、2018年以降の可能性も出ています。

 ぶっちゃけ高速道路利用者としては、最高速度100km/hでも構わないと思います。でもね80km/hしか出せないはずのトラックが追い越し車線でちんたら我が物顔で占拠して往来するシステムに問題があるような気がするのです。もちろん事情もあるかもですけどね。クルマにしてもやたら加速して乗る人もいれば法定速度以下でのほほんと乗っている人もいたりで安定感はありません。なかなか難しい問題ですが、せっかく整備された道路ですから事故の無いよう楽しく活用したいものですね。


posted by ひゃっけい at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

今更ですが…

 「バイクは危ない」とよく言われ続けています。そりゃもうあきれるほど。


 乗りたいと思っても家族の反対で購入を取りやめた方もいらっしゃるでしょう。反対を押し切ってまでは…って思う人もいらっしゃるかと思います。


 危険、危ないってイメージは多分悪しき教育関連が打ち立てていた「三ない運動」の影響が大きいのではないでしょうか?1982年から最近まで全国高等学校PTA連合会が掲げてきた指針によって、ネガティブイメージが幅広い世代に定着したことが背景にある事とバイクが邪魔に思えるドライバーが意外と多いのが原因かもしれません。


 でも、近年の自転車はどうでしょう?近ごろ流行のロードバイク(自転車の一種)は四輪車に混じって車道を走るという利用実態は、オートバイと同様であるどころかほぼ無双な状態でさらなる危険性をはらんでいますし、都市部では、子育てママが自転車の前後に子どもをのせて3人乗りで走る姿もひんぱんに見かけます。どちらも交通事故にまつわる危険性はめっさ大きいのに、だから「やめろ」という声はなかなか聞こえてこないのが現状です。個人的には自転車の存在がうっとうしい事は多々ありますが。


 自転車は、四輪車にはない便利さがあるから選ばれています。そしてバイクは、両者の中間的な性質をもつ乗り物です。四輪車ほどの積載力はないが、ひとりでの外出シーンでは四輪車より機動力が高く、駐車も容易で、車庫証明の必要もないメリットがあります。


 郊外世帯が夫婦ともに所有する四輪車の片方をオートバイに置き換えることで、あるいは都市部の単身者が諦めていたクルマの代わりに購入することで、手に入る自由さがあるはずのにその前に立ちはだかるのが、前述のネガティブイメージだったりします。


 もし、自転車がバイクのよう悪しきイメージをつけられたらどうなるのでしょう?多分駐輪場は消え、警察の取り締まりの格好のえさになり、下手すれば免許を取得しないと自転車の運転ができなくなる…ってこれ意外とよくね?


 今年バイクの自動車税が増えたけれど、バイクを取り巻く環境は全く良くなっていません。無数にある駐輪場は自転車専用で存在し、いたるところを我が物顔で闊歩しています。携帯、スマホ、音楽をヘッドホンで聞きながらの運転なんて当たり前、道交法なんぞ知ったことかみたいな連中は税金すら払っていません。


 自転車の運転に適さない環境をとかのたまう前にやるべきことはあるのでは?と。



ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

マツダレストア事業開始へ

 一寸驚いたニュースでマツダが、過去に発売し今年4度目のモデルチェンジを果たした「ロードスター」ですが、過去のモデルを新車同様に復元するレストア事業を始めるとか。とりあえずは初代を対象にオリジナル部品の製造、供給体制が構築される事になりそうです。


 マツダが1989年に発表し、販売した初期型ロードスターは総生産台数がおよそ43万台にも及ぶ大ヒットとなり、世界中の自動車メーカーがそれまで消えかけていたオープンカーを開発、発売するきっかけになったともいわれています。そういえば、1990年代よくロードスターが走っている姿を見かけたものです。これだけ爆発的なヒットになったのに会社としては傾きかけ、フォードと提携を結んだりと必死だったのはある意味皮肉でもありました。


 それでも今でも頑張っているマツダの屋台骨のひとつになったロードスターですが、登場してからすでに27年経過し、交換部品の製造、供給はすでに終了し、アルミホイールやサンバイザー、ダンパーなどについては社外品や代替品でやりくりしているオーナーも多いとか。今回のレストア事業について、古いマツダ車を大切に乗っている事に感謝するとともにユーザーのニーズや声に真摯に応えられるようにまず、初代ロードスターをターゲットにしたそうです。


 実に面白い試みだと思います。特にマツダの場合、ロードスターだけでなく、ほかのメーカーにないあのエンジンロータリーエンジンの件もありますし、焦らずじっくり取り組んで欲しいところです。



ラベル:雑記 クルマ
posted by ひゃっけい at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

あんまりごちゃごちゃ考えない方が良いのかも?

9251.jpg

 バイクに乗るようになって続いている習慣として天気予報の確認ってのがあります。

 クルマと違って雨、風の影響をもろに受けるので雨対策のためだったりしますが、自然現象に逆らえはしませんし雨が降れば濡れるし風が吹けばゆらゆらしたりと安定性に欠けある意味危険もあります。で、結局最終的にはバイクに乗りたいからそのまま出かけるって決断ばっかりしています。あれこれ考えても仕方がないし天気が悪いなら悪いなりに穏やかに運転すればいい。そもそも天気予報が完全無欠に当たるわけでなし。

 本日降水確率60%でしたが、まるで雨の降る気配なし。ここしばらくオリンピックに押されてあまりはっきりとしたニュースにならない天気予報に振り回されてもつまらないのでふらふらバイクで出かけようかな?と。


posted by ひゃっけい at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

閑話休題

 正直クルマの運転って個人的には好きではありません。世間一般で自動車社会と呼ばれようが好きではないものに関心は薄くなります。とはいえバイクに乗っていても周りにはクルマだらけなので結局は考える事が多いのですが…

 それでもちょっと前までの自動車社会みたいな言われ方をしていた時代と比較したらクルマの運転が楽しいって思っている人ってかなり減少しているのではないでしょうか?MT車と比較してはるかに多いAT車のラインナップはもちろん、より楽により安全にって追突防止策やら燃費、しまいには自動運転と自動車はドライバーに対して表向きは優しい方向へ技術開発が進んでいます。その一方でクルマとドライバーの一体感とかフィーリングとかを謳い文句にしているCMが今になっても消えない陳腐さもあきれるというより笑い話です。

 少なくても毎度毎度公道走っていれば「今クルマの運転を楽しんでいるなぁ」って思えるドライバーはごく少数としか思えません。

 音楽やテレビを見ながら、煙草の灰を窓から捨ててドアに腕乗せてとか、スマホをいじりながらとか、物を食べながらとか…クルマの運転が楽になるにつれてやれる事が増えているからかは知りませんが、クルマの運転を楽しんでいるようにはとてもではないですが見えません。

 まぁほしいなぁ、運転してみたいなぁって思うクルマすら出てくれない現在では仕方がない事なのかなぁ?

 そういえば、クルマのプラモデルも魅力的なものがなくなってしまったのは何時からでしょうかね?


ラベル:クルマ 雑記
posted by ひゃっけい at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

ただより怖いものはなし?

9247.jpg

 現在小回りのきくアシとして乗り回しているKSRくんは、ひょんなことからただで入手し今に至る事はちまちま記事にしてきましたが、正直ここまでのめりこむとは思っていませんでした。

 元々近くに用事がある場合、カタナだと不便な面があるので駐車に困らない原付は欲しかったものの、特にギア付きにこだわっていたわけでもなく排気量もそこそこあればいいや位の感覚でいろいろ物色していた時に友人からいただいたわけですが、エンジンが復活してからあれやこれやと手を加えていく事になろうとは…もらった時にはまるで想像できませんでしたよ。

 エンジンのオーバーホールのためにばらしてアパートに持ち込んで部屋のひとつをつぶして作業した苦労した事やたまたま見つけたNSRのホイールの装着に四苦八苦したり、ホイールと一緒に購入したブレンボブレーキのコントロール性の高さに驚いたり(正直当時、ブレンボキャリパーのポテンシャルなめてました)、キャブレターのセッティングに悩んだりといろいろ面白い経験になりました。

 KSRが動くようになった頃、カタナのカスタムが進行することになってプロの技術力に驚愕しながらちまちまKSRをいじっていったのでした。

 カタナに関しては自分のいじれる部分とプロに任せる部分と線引きが出来、いくらいじっても僕にはどうしようもない部分やこうしたいって要望など様々な事に答えてくれたオートマジックさんに出会えたから今の形があります。社長さんやスタッフさんには本当感謝です。その一方で教えてもらったノウハウをなんとなく生かす実験材料がKSRだったりします。

 お店に自分の要望を聞いてもらい相談しながら仕上げていくのもカスタムの道ならば自分自身の浅知恵で出たとこ勝負でちまちまいじっていくのもカスタムです。

 ただでもらったKSRでどんどん深みにはまってもう戻れない、戻る気もない…ただより怖いものはなしってのはよく言ったものだなぁと。


ラベル:雑記 バイク KSR 整備
posted by ひゃっけい at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

痛恨の一撃

  久しぶりに大ポカ、本日の作業は完全に水の泡…

9245.jpg

 フロントフォークからのオイル漏れがかなり深刻な事になってしまったKSRのために奮発して110用のフロントフォークをヤフオクにて落札したのですが、ここでまさかの盲点。KSR110とKSR-Uでブレーキキャリパーが違っていた事が判明したのでした。フロントフォーク自体は同一径なので組み付け可能なのですが、ブレーキキャリパーが変更されていたため今回使用できない事に。

 当然うちのKSRに組み付けるにはキャリパーサポートを作り直す必要が出てしまうわけです。さすがにそんな余裕はなし。アルミから削り出すとしたらかなり時間がかかってしまうわけで、今回泣く泣く現状へ戻す羽目に。

 なかなかうまくはいかないなぁ…ってそんな一日でした。


ラベル:整備 KSR バイク
posted by ひゃっけい at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

月まで3km

9223.jpg

 久方ぶりに浜松方面へ出かけたのでついでに撮影。

 結構前に訪れた場所ですが、あの頃と変化なくて一安心。「月まで3km」の標識も健在でした。


続きを読む
ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

ガソリンスタンド

9217.jpg

 もっぱらガソリンスタンドはセルフ店を選択します。フルサービス店へ行ってもバイクでは意味がないので。

 クルマと違い窓ふきもなければ過剰なまでの点検サービスもなく店によってはバイクで行くとかったるそうな態度をとるところも多くて利用する方としても面白くないからって事もありますが、バイトしてた頃を思い出すとなんとなくわかるところもあります。

 フルサービス店だと店員さんがガソリンを入れてくれますが、その時ライダーはバイクから降りますか?たいていの人は乗ったままってパターンが多いのではないでしょうか?それが悪いとは言いませんが、人が乗っている時とサイドスタンドを立てて停車している時とではガソリンの入れやすさは変化します。そりゃ不安定な状態より固定されていた方がガソリンが入れやすいですよね。

 まぁ毎度そんな気遣いできる場合ばかりではないので今日もせっせとセルフ式ガソリンスタンドを探します…



ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする