2019年10月20日

Z125改良

9672.jpg

9673.jpg

 普段使いに購入したZ125ですが、気になる部分はやっぱり手を加えたい…って事でハンドルとバックステップを装着してみました。

 本当はKSRでやってみたいと構想があり計画していたのですが、それは今では叶わぬ事なのでZ125へ取り付けてみたのでした。ノーマルと比較して個人的には旋回性は向上したような気がしないでもないしそうでもないような…正直微妙な結果に。感覚的にはそんなんですが、タイヤを見る限り使用している領域は明らかに増加しているので成功かな?と言えなくもないなと。この辺は本当に個人的な満足度って奴ですね。

 まぁいろいろ実験してみたいと思っているのでこれからも試行錯誤していく予定です。


posted by ひゃっけい at 17:21| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

待ちに待ってたやっと出る〜♪


 スズキのバイクで外せない偉業と言えば…「カウル」「アルミフレーム」そして「油冷エンジン」でしょう。まぁ反論もあるかもですけどね。僕個人としてあこがれたバイクであり、今でも欲しいって思うバイクがGSX-Rだったりします。本当ほれぼれしますね。ただひたすら格好いいです。

 かたなくん(今の相棒)に乗ってからしばらくしてこれを所有していた友人に借りて乗ってみたら…もうなんて事でしょうってくらい乗りやすいったら。取り回しも軽いしぎくしゃく感もないしなによりカウルの恩恵でとてつもなく長距離が楽。実に楽しいバイクです。

 レースで活躍したくらいですからメッチャ速いですしね。ブレーキのコントロールもすこぶる素直ですし何より軽い。こんな面白いバイクってあるんだなぁ…そう思えたバイクでした。750の加速感も楽しいのですが、1100のマルチぶりに脱帽し今のかたなくんのカタナデザイン+油冷エンジンのプロットを思い描くようになるのでした。時代が時代なら今所有するバイクがかたなくんではなく17インチホイール+ハーフカウル化したGSX-Rだったかもしれません。

 本当面白楽しいバイクだったGSX-Rですが、90年代の旧車カスタムブームにより足回りは根こそぎ持っていかれエンジンは二束三文みたいな不遇の事態もあり現存するノーマル車は希少らしですね。刀1100エンジンが20万円に対し油冷エンジン2〜3万なんて時代もあったのです。たまたまそんな時代にいい感じでフィットできたから今のかたなくんが存在するわけですが。

 今の時代になってこうしてキット化してくれるメーカーに感謝しつつのんびり組みたいですねぇ…

 楽しみがまた一つ増えました。


posted by ひゃっけい at 18:17| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

とりあえず丸目ライトは考えない方向で…って事で

 別段デザインに不満があったわけではないのですが、振り返ってみると過去KSRをいじっているとどうしても出てくるのがライトの光量不足でして、結局丸目ライトをくっつけ調整していました。今ならリフレクター化、LED化とか対策案はあるのですが、肝心のKSRは今は無いので実験は出来ず終い…

 Z-125のライトについては少し明るさに乏しい面もなくはないのですが、以前よりは格段に明るいのでできればそのまま使用したいと考えています。

 良くも悪くもZ-125のライト周りは今はやりのストファイ風味満載ですので好みは分かれるところなんでしょうね。個人的には嫌いではありません。ただ…メーター周りのざっくり感みたいなのがどうにもねって事でスクリーンを増設してみました。

9660.jpg

 今回は比較的シンプルで格好良く思えたハリケーン版をチョイス。ちょっと大きい感じもしますが、これはこれで。

9661.jpg

 こうなってくるとやっぱり気になってくるのがハンドル回りって言うよりポジションですね。もう少し低くしてあげた方がコントロールしやすくなる…なんとなくなんですが妙な確信みたいな感覚があるのでここいらをいじってみようかと考え中です。

 …どんどんプラモデル、おもちゃ関連から脱線していますねぇ…このブログ。まぁ個人的日記なので大目に見てやってください。もちろんこっちの方がいいっていう意見も大歓迎です。

 軌道修正はもう少し先って事でひとつ。


posted by ひゃっけい at 22:26| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

はじめの一歩

 とりあえずZ-125はノーマル状態での各部点検やら消耗部品の交換とか基本整備は一通り終わりました♪ってか元々それほど使用頻度が高くなかったらしく極端な劣化はなかったのでかなり時間短縮になりました。

 ぶっちゃけオイル、ブレーキフルートとパット、エアフィルター交換くらいでした。タイヤは前のオーナー様の使用部分は摩耗していますが、欲しい部分の使用範囲は十二分残っているのでひとまずそのままに。今のタイヤ性能もそれなりに満足しているのでこのまま様子見。

 ノーマル状態の操作系ではKSRよりオンロード方向に振っているみたいですが、そちらにシフトしきれていない面もあり、そこいらに手を加えていこうと試行錯誤しています。…って言うよりKSRでやりたかったけど出来なかった点をZに突っ込んでみようかと。

9659.jpg

 まずは普段使いする時の不満だったヘルメットホルダーを増設しました。

 KSRの時も使い勝手が悪かったヘルメットホルダーですが、まさか後継機のZ-125では更なる退化の道をたどるとは…正直びっくり。最近のバイクはシートを外してフックに引っ掛けるタイプが普通になっているのでしょうか?しかもKSRと比較してZのフックのやっつけ感がなんだかなぁ…と。

 そういう不満が多いのか?最近はヘルメットホルダーが商品化しています。Z-125用もしっかりラインナップされていましたので早速装着。

 昔のバイクばっかりいじっていたので今のバイクにはてんで疎いのですが、やっぱこういうのはノーマルでしっかりついていてほしいって思います。これでまた一つ鍵が増える事に。

 今のところちまちました不満点を解決してみます。


posted by ひゃっけい at 21:00| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

アイドリングストップって何だっけ?

 どんなに自動車メーカーが排ガスを抑えようと頑張ってもその努力をあざ笑うかのように自動車を使用する奴はいます。それも極々当たり前のようにそこら中に…

 最近コンビニなどでエンジンをかけっぱなしにしてのんびりくつろいでいるドライバーの姿をよく目撃します。中にはエンジンをかけっぱなしにして買い物をする姿も…

 こういう連中がいる限り排ガス規制はさらにエスカレートして環境保全の名のもとに強化されていくのでしょう。たまったものではありません。

 自動車は走ってなんぼの物で決して休憩するための憩いのマイルームではありません。環境問題をいろいろ謳うならこういうちょっとしたところから改善していくべきなんでしょうね…

 今のバイクやクルマを取り巻く問題は排ガスより乗物に対しての考え方の改善なのかもしれません。



posted by ひゃっけい at 17:59| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

Zの鼓動

9656.jpg

 …とはいってもガンダムぢゃないよ。バイクの話。

 偶然と物欲と興味本位と…その他もろもろうまい事かみ合って、突然ですがZ-125 PROを所有する事になりました。

 友人の息子が大学通学のアシとして使用していた代物で、今年めでたく就職したものの自動車通勤が義務付けられたとかでめっきり乗る機会が減ってしまったから手放したかっているって情報をたまたま友人と飲んでいた時に聞いたので友人の息子と交渉した結果、買取する事に。

 交渉内容はまぁ…ちまちまお互いの意見や注文はあったものの最終的に円満交渉成立、無事引き取る事になりました。

 こっちの立場としては、KSR盗難の件がまだ未解決な状態ですので、セカンドバイクを所有するのは正直考えないようにしていました。しかし、今までKSRで対応していた近場の移動にかたなを使用するには問題もありましたし、そのためにクルマをする気も全くない…ってか僕の生活にクルマ必要か?まぁ…いろいろ考えました。やっぱり興味があるならこういう機会に乗っかるのは面白そうでしょ?

 まぁそんな感じです。

 ひょんなことから「初4ストミニ」、「初21世紀モデル」、「初イグニッションモデル」と初物尽くしにこの物件、どう楽しむかは…ちまちま記事にしていこうかと。


posted by ひゃっけい at 22:50| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

スズキがリコール発表

 スズキは29日、ドライブシャフトの部品に問題があり、潤滑剤が漏れて走行できなくなる恐れがあるとして「スペーシア」「ワゴンR」「アルト」など11車種計1万7541台(2018年2〜3月生産)をリコールすると国土交通省に届け出たとのことです。これまでに事故や不具合は報告されていないらしいですが、心配な方は早期の対策を。


posted by ひゃっけい at 18:49| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

KATANA発売開始するってね

9612.jpg

 東京モーターサイクルショーで展示していたからもうこのまま発売するんだろうなぁ…と思ってはいましたが、案の定このカタチが街中を闊歩する日が近付いています。国内販売は5/30、価格は150万円ちょい超え位らしいですね。意外と早い登場です。もう少し引っ張るというか見直しすると期待していたんですがねぇ…

 個人的には「こりゃないわ」って一刀両断するほど嫌いなデザインではないですよ。ただのオートバイとしてとらえればまぁ魅力あるかな…ただKATANAであってカタナ(GSX-1100Sフォーマット)ではないなと。全くの別物って考えます。どうしてもコレヂャナイ感漂います。

 今更、歴代カタナを引っ張り出して物議をかもしても仕方がないですし良い面もたくさんありそうです。ああしたらとかこうしたら…ってカスタム妄想の材料としては面白そうな魅力があるのも事実です。でもね僕個人としてはやっぱり今のかたなを手放してまで欲しいか?と問われれば完全否定するなぁ…って話。

 特に耕運機ハンドルは駄目ですね。いくらメーカーが「前輪をつぶすように操作するためのアップハン」みたいな記事が出て正統性をアッピールしても元々のカタナはリア重視のコントロール性を考えてのポジションですから全くキャラクターが違います。どう言いつくろっても目指した方向が違う、名前は同じでも全くの別物ってイメージばかりが先行する結果にしかならないと考えます。それにメーカーが思うよりあのハンドルの高さは当時750ccカタナに乗っていた者にとっては根深いトラウマなのです。前部に荷重がかかるようになってしまったのは寸詰まりなデザインによるものでもう少し後方へ延ばすなどの提案はあったのでしょうか?単純にイタリアのデザイナーが提案したデザインに鵜呑みで乗っかったデザイナーの怠慢でベース車両にハリボテしてハンドルの切れ角稼げずどうしよう?って逆算した結果にしかとらえられません。

 ガソリン容量12ℓってのも問題です。今のところ航続距離についての物議がないので何とも言えないのですが、あまりにも少なすぎます。従来のカタナで(あくまでも僕のかたなの場合ですが)リザーブを使用しない航続距離は250kmくらいです。この間使用するガソリンは14〜15ℓ。大体沼津からだと宇都宮に到着するくらいですが、この間に圏央道〜関越道を通る事を考えると給油ポイントは160km離れている場所もあり、ツーリングに使用するとしたらかなりの精神的負担になります。

 ここまで文句みたいな事で「全然肯定してないじゃん」って言われるかもですが、デザインに関して否定する気は全くありません。むしろ好きです。ただしこれが1000ccのビックバイクでなければって話。もしこれが250ccのミドルサイズ、さらに贅沢言えば125ccクラスのモンキーやKSRクラスのミニバイクとしてデザインされていたなら…めっちゃ格好いいって思うのです。寸詰まりな感じも現物の3/4サイズだったならって考えると意外と格好いいのでは?って思えてくるのですよ。(ものすごくざっくりと表現するならKATANAの写真を見てホイール径が17インチではなく12インチと考えるみたいな)

 なにはともあれ販売開始と相成ったKATANAです。名車になって従来のカタナを見た時に「これはカタナじゃない」って言われるくらいなったら素敵な事だなって事である意味応援してみようかな?と。


posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

NISSAN

9614.jpg

  今現在で一番嫌いな自動車メーカーは?と問われたら「日産」と答えます。

 昔は結構好きなメーカーだったのですが…今はまるでダメ。このマークを見るだけもうんざりです。

 GT-Rやシルビアなど、いわゆる走り屋さん達御用達くらいが全盛かなぁ。ゴーンさんが会長就任してしばらくしてからが多分ターニングポイントだったと思われます。エルグランドとかDAYSとかに「RAIDER」とか「Hiway Star」とかのロゴが入るようになってからはどうにも嫌悪感しか出てきません。自動車が「ライダー」なんぞ名乗ってんじゃねぇってどうしても考えてしまうわけですよ。

 気に食わないってなると不思議なもので最近やたらこのNISSANマークをくっつけた車に遭遇します。本当あきれるほどに。

 そんなにこのメーカー支持される要素があるのかなぁ…?不思議なもんです。


ラベル:雑記
posted by ひゃっけい at 19:55| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

純正部品

9591.jpg

 純正部品に戻したかったのがグリップだったりします。やっとこさ装着できました。


ラベル:雑記 バイク 整備
posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

破損


9590.jpg

 形があるものいつかは壊れる…

 これは昔からよく言われるセリフです。でもねぇ…壊れる事を予想するのはやっぱり難しいです。そもそも壊す事を前提に物を作る事なんてありませんものね。

 今回壊れたのは増設したクランクバーでして、突然金属疲労からか突然へし折れ落下しました。たまたま細い路地に入った時だったから良かったものの、これが高速道路だったら…って考えるとかなりヤバイですね。そうそうへし折れるとは考えないし、万が一折れても今回の様に無害とは限らないし、今回は装着していなかったのですが、スマホを装着していた状態で落下していたら…考えるとかなり怖いです。こういう部分も気にしないとまずいかもと気持ちを改めて整備はこまめにしたいと思います。

 さて、こんなあっさり折れるならいっそ撤去してしまうのも手段ですが、最近はおおざっぱな場所特定は地図、細かいところはスマホって感じでやっぱりナビは欲しいのでクランクバーは取り付け直そうかと。






posted by ひゃっけい at 22:59| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

スバル国内生産停止状態へ?

 朝日新聞の取材に対してスバルが16日から、国内唯一の完成車工場である群馬製作所(群馬県太田市)の操業を停止していると明らかにしました。

 部品メーカーから調達している主要部品に不具合が見つかり、不具合の原因の調査が進まずに部品の供給が滞っているためとで、影響はすでに1万台以上にのぼり、顧客への納車にも遅れが生じています。

 原因としてはハンドル操作を助ける電動パワーステアリングに今年に入ってから不具合が見つかったからだそうです。群馬製作所は昼夜2交代の生産体制をとっており、16日夜から操業を停止、日曜で休日だった20日を除いて22日まで生産は再開できずに23日も生産を止める予定との事。今回の事態により、国内の完成車生産がすべて止まる事態に陥り、本格的な操業再開のめどは立っていない模様。

 スバルは問題の部品について「現在原因を調査中で、詳細に関してはコメントできない」としています。

 何が起きているのか?わかりませんが、早期の生産復帰を望みたいものです。


ラベル:
posted by ひゃっけい at 13:11| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

整備?掃除?

9583.jpg

 本当に寒い日が続いています。沼津はその気になれば一年中バイクに乗っていられる恵まれた地域ではあるもののやっぱり寒いです。

 こういう時が続くとやっぱりガレージが欲しくなります。冷たい風が防げるだけでも作業性は結構向上しますしね。

 本日は、比較的暖かったので久しぶりにKSRの点検&整備をちまちまと。もう少しこまめにやれれば良いのですが、どうしても乗りっぱになりがちだったので久方ぶりに。

 深刻な問題があるわけではないので整備というより掃除がメインになりました。

 現在、改造する予定はありませんが、何かしら手を加えるネタを探してみても面白いかも。目指せ楽しい自己満足って感じかな?




posted by ひゃっけい at 22:59| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

Out Rider 休刊へ

Out Rider(アウトライダー) 2018年 10 月号 [雑誌]

  休刊し、しばらくして復活した経緯のあるOut Riderですが、2018年10月号で休刊する事になりました。

 バイクでふらふら出歩くのを趣味にしてからというもの、この雑誌記事に掲載されている写真、ライターの文章に惹かれていつか行ってみたいなぁ…とか実際のツーリングの参考にしたりと毎回楽しみにしていただけに今回の発表は残念です。

 ともあれこの雑誌に関わってた方々に感謝を。

 2カ月に一回が厳しいのなら季刊でもいいから是非とも復活してほしいと願います。


posted by ひゃっけい at 11:39| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

今度も20年戦える?

9569.jpg

 いつまでたってもこのエアバックの着いたステアリングとタコメーターの位置に慣れないなぁ…って話はさておいてついに4代目ジムニーが発売されましたね。正直、3代目よりスクエアなデザインになってめっちゃ格好いいです!フルモデルチェンジって言うとがっかりする事の方が多い自動車業界ですが、今回のジムニーは今までよりちとレトロっぽい中に最新技術を盛り込んだ素晴らしいデザインだと思います。実に実用的でシンプルな感じがいいですね。何より3枚ドア(2ドアハッチバック)を守り通してくれた事、きちんとマニュアル設定がある事もそうですが、駆動方式がボタン式からレバー式に戻った事は正直うらやましいです。

 本当、2014年に出てほしかったって思うほどに…(車を買い替えた時ですね)今の3代目ジムニーが嫌なわけではないけれど愛着は無い訳でそれだけに妙に4代目には惹かれます。またマイナーチェンジを繰り返しながら20年戦ってほしいものです。

 ジムニーでこれだけの事が出来たのに何でアルトワークスはああなった?


posted by ひゃっけい at 23:15| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

今年の夏は…?

9571.jpg

 いつの間にやら関東甲信越の梅雨明けが発表されました。

 例年ならばだらだらと7月下旬くらいまで引っ張ってなんとなく梅雨明けしていた…ってパターンが多いのに今年は異常に早いですね。梅雨明けが早いと水不足が…とか言われますが、正直水不足の心配より暑くても晴れ間が続く方がやっぱりありがたいです。

 でもここ数年の状態を見直してみると、梅雨明け後の方が降水量が多い気がするのは気のせいですかね?特に台風やゲリラ豪雨など雨に対しての被害は梅雨時よりも梅雨明けしてからの方が多い気がします。実際「空梅雨」って経験あまりないですからね。

 「地震雷火事親父」なんて言いますが、洪水などの水害も生活においてかなりのダメージがあります。何よりバイクで出かけられないし、家に引きこもるにしても塗装が全くできないと本当に天候に左右される趣味ばかりなので本当おてんとうさまに頑張ってほしいところ。

 たまにある雨はご愛敬、ほどほどの気温で晴れ間が続いてくれればなぁ…と。


ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 22:59| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

バッテリー交換

9570.jpg

 本日はバッテリー交換をしていました。
 今に始まった事ではありませんが、なんでバッテリー購入時ショップでバッテリー液を入れないと販売してくれないのですかね?ひと昔はバッテリーとバッテリー液分割のまま購入できたのに…今の販売方法は面倒ですね。無駄に時間がかかるしショップによっては2〜3時間待たされるしで正直厄介です。

 バッテリー交換の作業自体は難しくはないものの、かたなの場合はエアークリーナーBOXの下にバッテリーがあるのでアクセスがちと面倒です。というわけではないですが…結構見てみぬふりも…油断しているとどういうわけかバッテリー液がLOWより下に行く事もあったりしますしたまに車体に乗っかったままバッテリーをのぞいてみても液の状態が確認しずらいものでついついサボりがちになる傾向に。何か対策を考えた方が良いのでしょうね。一部LED化したりしているもののUSB端子を増設したりしているので電装系はまだまだ改善の余地ありです。

 一般的にカスタム化した刀の車両を眺めているとパワーフィルター化していたりファンネルにしていたりってパターンが多い気がします。もちろんメンテナンスを考えるとノーマルのエアクリーナーBOXを組むよりバッテリーだけでなくキャブにもアクセスしやすくなりますからいじる方からすれば楽ちんになります。しかし、使用状況から考えると…天候、標高差による不安定さや日々の動作チェックなどの負担が増え、毎日気軽に使用するには難があります。そこら辺をクリアーできてもいざツーリングに持ち出した時、突然の雨などで走行不能に陥ると次の日の通勤に支障が出たりするので一歩踏み出せないのが現状です。

 とはいえ「あーしたらどうだろう?こうしたら?」とか考えている時がやっぱり楽しいので、そこら辺はもう少しのんびり考えていきたいところです。


ラベル:バイク 整備 駄文
posted by ひゃっけい at 23:13| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

栃木県警にGT-Rパトカー国内初配備

 栃木県警が6月15日に栃木県庁で【栃木県警日産「GT-R」パトカー寄贈式】を実施し、その車両を公開したという記事がありました。R35型GT-Rとしては日本初となるこのパトカーは、栃木県在住の会社役員から「交通事故の抑止対策にGT-Rを寄付したい」との声により導入が実現したとのことです。

 刑事ドラマの「相棒」や「さらばあぶない刑事」で標準色のGT-Rが登場したシーンもあったりしますが、現実世界ではR35型GT-Rのパトカーは、今回が国内で初めての導入となります。

 ちなみに気になる価格ですが、パトカー仕様として仕上げるとなんと1200万円もかかるんだとか。車両自体は寄付のため、税金は投入されていないものの、タイヤや他のメンテナンス費用はクラウンのパトカーと比べると割高になるのは明白で持て余す可能性も大きいかと。

 なお、配備されたGT-Rは、今後交通安全の啓発イベントや、東北道などでの取締に活躍する予定となっています。栃木県警ではフェアレディZや初代ホンダNSXのパトカーなども配備されている経緯があるし、何より日産、ホンダが県内にあるために実現したとも言えます。

 ただ、NSXのパトカーが導入された時、維持費の大きさなどのコスト面に加え、パトロールと称してパトランプも点灯せずに高速道路を180km/hオーバーで爆走し警察官にあるまじきクルマの扱いが問題になったりしているので正直今回のケースが良いニュースかどうかは疑問が残ります。しかも人間に扱いきれないからオートマ化するしかなかった機械任せのGT-Rのパトカーがどこまで「パトカー」として機能するのか?警察のおもちゃと化すのでは?と今回の導入は早計な気がします。

 無用の長物にならない事を願います。


ラベル: 警察 栃木 地域
posted by ひゃっけい at 10:15| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

自動車税納入期限ですね。

 毎年この時期になるとやってくるのが自動車税の納入、本日が最終日ですね。

 日頃役に立ってもらっているものですから滞納する気はないものの、やっぱり霹靂するものがあります。

 自動車税って地方税に分類されるそうで都道府県で集めて何かに使っていると言えます。ただし自動車税は目的税ではなく普通税なんだとか。言い換えれば目的のための物ではないので何に使用しても良い税って事になります。実際一般財源として使用されています。

 他県から引っ越しした際ナンバープレートの変更を促すのはこうした事も関与しています。他県ナンバーでは今いる地域へ入りませんからねぇ…

 自動車税はなんとなく道路関連や環境に使用されているかと思いがちですが、実際は社会福祉や地方自治体の人件費になっているのです。なんか払う気なくなりそうな話ですが、事実はこうなっています。

 バイクの税金が軒並み値上がりしたり、登録から13年経過した自動車税が値上がりしていくシステムとか全く説得力がないんですよね。国としてはどんな手段を用いても税金を徴収したいっていう本心がまんま見え見えなのです。

 ある意味詐欺だよなぁ…とか言いつつ超過金取られるのもバカバカしいし、払わないと車検受けられないのであきらめて納税するのでした。…とほほ。



posted by ひゃっけい at 07:10| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

現行ジムニーひっそりと生産終了へ

9537.jpg

 2018年 7月あたりに新型がささやかれているジムニーですが、さてはてどうなる事やら?そんな中、現行のジムニーは、2018年 2月中旬生産分をもって生産終了しているそうです。在庫があればご対応できる状況らしいので現行型が欲しい方には今がチャンスと言えそうです。

 しっかし現行型のジムニーの生産年数としてみるとちまちまマスクは変わりつつもすでに20年もの月日が流れていたのですね…よくもまぁ大きく変わらずいてくれたものだと思います。正直個人的にジムニーに対して全く思い入れはないのですが、長い事存在してくれていたおかげで2014年クルマの買い替えを検討した際迷わずに済んだといういきさつがあります。ジムニーファンには怒られそうですが。

 生産終了となった背景は「横滑り防止装置」の装着義務化で、2018年2月以降に新車登録する車両には装着がマストとなんだとか。横滑り防止装置は、エンジンやブレーキなどを統合的に電子制御しなければならないので、簡単に装着できるものではなく3代目ジムニーはこのタイミングで生産終了とし、4代目となる新型ジムニーにバトンタッチするって話が噂の元になっています。

 まぁ個人的には現在のクルマの流行?5枚ドアにならないでくれれば良いかなぁと。某アルトワークスのような格好悪くなりませんようにと願いつつ、平成元年〜6年の格好いいアルトワークスにモデルチェンジしないかなぁ…って願わずにはいられなかったり。


ラベル:雑記
posted by ひゃっけい at 14:59| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする