2015年12月04日

すーぱーふみな組立そのD

9060.jpg

 未だ髪の毛の調整、加工に悪戦苦闘中…細かい作業が面倒になるとすぐ休み、いじりたくなったらちまちま削るといった感じなのでなかなか進んでいません。このままお蔵入りってパターンも多いのでそうならないようにある程度は形にしたいなぁと。

 今まですっかりおざなりになっていた武装類をちまちま組み立てました。この辺はジムカーディガンの時も出来栄え良好だったので完全ノーマルで仕上げようかと。

9061.jpg

 ふくらはぎ部分のラインを一寸修正してみました。結構大きいキットなのであまり身長を伸ばしたくないのですが、もう少し足を長めにしたいなぁって思えてきたのでどうしようか?検討中…

9062.jpg

 髪の毛は現在こんな感じに。変わったような変わらないような…

 のんびり進行中って事で、→続く。


続きを読む
posted by ひゃっけい at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

ガンダムMk-U仮組

9063.jpg

 のんびりちまちまRIVIVE Mk-Uを仮組〜♪

 ホント、組み立てやすいキットですね。ここまで組み立てるのに大した時間もかからないのでちょっとした暇な時間にちまちま作業するのにちょうどよかったです。撮影時、素組だと寂しいので軽く墨入れしてみましたが、それだけでもかなり見栄えが変わって見えたりするので是非やってみてください。極細のペンでちまちま塗るだけでもOKかと。

9064.jpg

 フェイスはイケメンです。への字のラインは入れてみたらさらに格好よく見えたり。V字アンテナは軽くとがらせるよう加工しています。

 一寸首回りが窮屈そうな感じもするのでこの辺りは調整するかもしれません。

 仮組のため、塗装するか?やめるか検討中なため肩部のスラスターパーツは未装着です。

9065.jpg

 本体の色分けはかなり頑張っていますが、武装はシールド以外フレームと同色なのでこのあたりだけは塗装しようと思っています。

9066.jpg

 最後に先に出たRG MK-U(左側)と。

 どちらが好みかと問われればHG RIVIVE版の方が好みかなぁ…RG1個でHG版は2個買えますからね。それでいて格好いいMk-Uが手に入るならそちらになびくよな…

 ティターンズ版もちまちま組立予定です。


続きを読む
posted by ひゃっけい at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

油断大敵

9057.jpg


 毎月購入はするものの、発売日当日に購入しなくなって久しい模型雑誌ですが、今回は参った…なにしろ近所のTUTAYA2件で見つからない状態に。ホビージャパンはしっかりコンビニにもあるのにね。

 ただでさえ少ない本屋の少ない沼津を闊歩しても面倒くさいので静岡までひとっ走りしてきてようやく発見。無事購入してきました。

 本日は寒いものの、片道50kmのかたなでのお出かけは、最近いろいろごたごたしていたのでいい気分転換にはなりました。

 とはいえ毎月定期購入しているからこそ不意な在庫切れに油断しないようにしたいところ…


ラベル:雑記 模型
posted by ひゃっけい at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

HGUC ガンダムMk-U RIVIVE

9056.jpg


 REVIVE第4弾はガンダムMk-Uでした。正直意外な気がしないでもないです。

 正直発売当時に見た時、旧HGキットの出来の良さに驚いたものでMk-Uが選ばれるとは思わなかったのですよ。そりゃ今のパーツ分割に比べれば組みにくいって面もありますが、個人的にすげぇ格好いいMk-Uだと今でも思うのです。RGも良く出来ていたし今、HGのRIVIVE化って…まぁ好きな機体なので全く文句はありませんけどね。

 ダンパイン、エルガイムとちと異色なリアルメカの続いた後に出たMk-Uのデザインはなんとなくホッとする格好いいデザインだったなぁ…って思います。まぁザブングル、バイファム好きな目としてはMk-Uはすごく親しみやすかったのです(オーラバトラー、ヘビーメタルも好きですよ)

  特筆するべきはMk-Uに採用されたムーバブルフレームにあると思います。Mk-Uの活躍したZガンダムだけでなく、現在に至るガンダム作品においてギミック面でもプラモデル、おもちゃに対して大きな足跡を残しただけでなく現在放送されているオルフェンスのバルパトスに至るまでフレームというギミックをアニメに昇華させる要因を作った名機といえるのではないでしょうか?まぁムーバブルフレームの元祖はヘビーメタルですけどね。

 雑誌とか見ているとちと太っちょい気がしなくもないものの、この辺りはじっくり組み立ててからですね。何しろなんだかんだでティターンズ仕様と抱き合わせで購入したのですから。

 ガンダムHGのRIVIVEも楽しみだし面白いのですが、個人的にはザブングルやバイファムみたいなリアルメカのRIVIVEみたいな企画って無いですかねぇ?R3も停滞しちゃったし是非MS以外にもスポットライトを…とちと願っちゃいます。


posted by ひゃっけい at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

すーぱーふみな組立そのC

9055.jpg

 髪の毛を削って盛ってを繰り返しつつなかなか進まない…只今模索中ながらなんとなくで口が見えてきたかも。

 焦らずのんびり推進します。→続く。


posted by ひゃっけい at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

RZ組立その@

9029.jpg

 RZ始めました…ってわけでもないのですが、妙に組み立てたくなって開封。

9030.jpg

 すーぱーふみな組立に飽きたり待機している合間にちまちま推進する予定…→続く?


posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

すーぱーふみな組立そのB

9027.jpg

 ちまちまフェイスを調整していたら瞳のクリアパーツが落っこちて行方不明になってしまったので、クリアパーツがはまる分奥に引っ込んでいる瞳のパーツを手前に持っていけるように調整しました。これで気になっていた瞳とフェイス部に出来る隙間も埋まるのでまぁ結果オーライ?アイディアとしては面白いのですが、個人的にはなくてもよかったかな?と。

 フェイスに続いてどうしようか迷っていた髪の毛も調整のためパテ盛り。硬化後、ガシガシ削っていきます。これがなかなか厄介で欠けたり取れたりと悪戦苦闘中。この辺は手を加えだすときりがないのですが、まぁぼちぼちと推進していきます。

9028.jpg

 まだまだ先は長いなぁ…→続く。


posted by ひゃっけい at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

すーぱーふみな組立そのA

9012.jpg 9013.jpg

 とりあえず本体仮組まで。バランスは悪くないどころか結構良い方だと思いますが、やっぱりでかい。

 劇中でライトニングゼータと戦っているシーンや出撃時のシーンからみるともう少し小ぶりな気がします…組立説明書では24.5mとなっているのですが、なんか後付感が強いです。

 ガンプラとしては大きいなぁって思うのですが、フィギュアとして見ると手ごろな大きさとも取れます。

 ガンプラとしてさっくり行くかフィギュアとして気になるところをいじっていくか?結構作り手を悩ませる面白いアイテムではないかと。いじくり倒すためにもう一個購入してもよかったかな?とか思いつつ過剰在庫を抱え込むわけにもいかないのでのんびり考えたいと思ってます。

9015.jpg

 やっぱり悩みどころはフェイスでしょうか。髪の毛も鵜少しシャープにしてみたい。

9016.jpg

 もう一つ悩みどころは瞳でして、クリアパーツを組み込むのは面白いアイディアなのですが、クリアパーツの厚みのせいで瞳パーツがめり込んで見えてしまっています。もう少し瞳のパーツを前方へ移動しようかと。

9017.jpg

 最近ガレキも製作しなくなって完全にフィギュアに関しては完成品の出来の良さに依存していたのでなんか久方ぶりてか新鮮な感覚です。

 しばらくは試行錯誤ですね…→続く。


posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

すーぱーふみな組立その@

9010.jpg

  さて、なんとなく物議を醸しだしているすーぱーふみなです。まずはこれを製品化しようとして頑張ったバンダイの英断に驚きつつ感謝したいです。なにしろインジェクションキットでフィギュアってホントあまりありませんからね。「ガンプラ」ってついてくれればとりあえず入手も手軽になりますし…意外かもしれませんが、フィギュア系って地方にいると難しい傾向があるのですよ。

9011.jpg

 いろいろ物議を醸しだしているすーばーふみなのフェイスですが、一番最初に見た時はさすがにへ閉口したものの、言われるほど悪くはないなぁと。インジェクション特有の艶を抑えてインジェクションだとどうしても出てくるヒケをゆっくり調整みるとなかなか頑張っています。形になっているだけでかなり工作は楽に進められます。

 今回は仮組してから…って思っていたのですが、やっぱり気になったので一寸いじってみることに。多分違和感があるのは下唇が思うより目立つことでは?って事で下顎のラインを調整しつつ下唇を調整してみると…こんな感じに。ここら辺はfigmaやリボルテック、数多くあるフィギュアを参考にしてみると良いと思います。クリアパーツと瞳の間の隙間がちと目立つのでこの辺は早いうちに調整してみたいなと。

 とりあえず試験的な事は置いといてまずはじっくり仮組してみようかと…→続く。


posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

ウイングガンダム・ゼロ EW 組立開始

8997.jpg

 発売されてから結構時が経過していたりしますが、なんとなく組立したくなったのでRGウイングガンダム・ゼロEWを引っ張り出しました。

 個人的にはHGシリーズでも十分満足で正直RGまで細かく分割されてなくてもねぇ…って思いますし、いじって楽しむにはRGって結構ストレスがあったりするので一寸組立を躊躇していたのです。何しろウイングガンダムはHGでもかなり格好いい奴がありますしね。多分ゼロEWがHGで販売していたらRGに手を出さなかったかも…まぁのんびり推進していきます。

8996.jpg

 本当ならば、組立説明書の順番に推進していくのですが、今回はちと変更。胴体、頭部を先に組み立てて行きます。何かの画像で頭部のバランスが変な気がしたのでそれを確かめたかったのでした。

8995.jpg

 いざ組み立ててバランスを確認してみると…悪くないどころか格好いいです。口元のへの字部分は開口しなくてもいいような気はしますが、ある程度墨入れしたら印象は変わるかもしれません。

 はじめの一歩はいい感じで進められそうなので、ちまちま組立て行こうと思ってます。→続く。


posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

バルパトス

8989.jpg

 新しいガンダム始まりましたね。

 久しぶりに静岡で「ふつう」に観ることができるガンダムです。(静岡の放送局に対して偏見と嫌味をたっぷりブレンドしてお送りしております)ビルドファイターズ辺りは静岡を舞台にしているのですから放送してもよいものなのにねぇ…って思います。なまじ放送局が多いと特に深夜放送局に設定されているアニメはほぼ壊滅状態なので。しかも地元の放送は静岡、浜松の中西部が中心で東部にいるとあまりピンとこないしでむしろ関東地方の情報の方が役にたったりします。

 まぁその話は書き出すと長くなりますので切り上げて…新しいガンダムですが、正直なんとなく流れている情報から勝手に想像していたのが「進撃のガンダム?」でした。まぁ城壁に手をかけてぬっと顔を出すガンダムってパターンは無いでしょうけどね。放送を見ているとやたらハードな舞台設定なようで展開が楽しみです。そんな中打撃武装メインで戦っていくであろうガンダムがどう動くのか?わくわくしてたり。この作品をガンダムとして作らなくても…とか思うのはまぁ野暮なんでしょうね。個人的には「ガンダム」ってあまり思わないように楽しもうかと思っています。絶望的な脅威にさらなる強力な力で粉砕する…圧倒的なガンダムの登場シーンとしてものすごくインパクトがあったのではないでしょうか?(もちろん強襲してきたザクをサーベル一本で倒すとか、敵側の黒いガンダムをかっぱらうとか、ドムの中からガンダムが…とかインパクトあるスタートはやっぱり心地よいですよね)

 「ガンダム」って名がつけば展開早いバンダイのプラモデルラインナップも絶好調なようで主人公メカであるガンダムバルパトスは放送前から登場とどれだけ力入れているんだか…まぁあっさり釣られてHGバルパトスをちゃっかり購入、ちまちま組み立ててたり。意外とお手頃ながらもしっかり組立られて面白いキット構成になっていました。

 武器セットや個人的にお気に入りなグレイスも早々にキット化するそうなのでそちらも楽しみです。


posted by ひゃっけい at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

REVIVE+α

 しばらくバイクに乗ってふらふらする休日を満喫していたので、なんとなく作りかけになっていたプラモデルをちまちま組み立ててたり。

 のんびり1体ずつ組み立てて行くのがパターンなのですが、今回はある程度形にしていじるかそのまま行くか?塗装するかサボるか?軽く計画を立てたかったのです。まぁたまり切ったプラモデルを減らしたいって気持ちも大きいですが。

 まぁそんな感じで夜勤生活+天候不安定な時間を利用してちまちまと。

 プラモデルの塗装に関しては晴れていないと推進できませんが、仮組の場合は雨の日のが進みます。出かけなくなりますからね。

8976.jpg

 まずはRIVIVE第2弾のガンダムさん。なんか細っちょろいような気もしますが、これはこれで格好いいです。でも初期アニメのガンダムってイメージは薄いなぁ…と個人的なイメージとしては「ビルドファイターズ」のイオリパパの駆るガンダムにプロポーションが近く思えます。

8977.jpg

 RINIVE第3弾はフリーダム。個人的にこの機体にあまり思い入れが無く、HG、RG、MGすべて素通りしていたのですが、以前のフリーダムHGキットより格段に格好よくなっていたので購入する事に。本当武装てんこ盛りですね…RIVIVEって第一弾がガンキャノンとなっていますが、よくよく考えてみるとストライクが第一弾なんぢゃ?って思う今日この頃。

8975.jpg

 なんでか組立途中だったトライバーニングもちまちまと。ビルドバーニングは分解してしまったので並べて比較は現在できないのですが、一寸力強いバランスになったような…個人的にエフェクトパーツのないノーマル状態の方が好きだったりして。

8974.jpg

 ライトニングZガンダム。変形はしないもののZらしいラインを尊重し自己設定を盛り込むといった意欲的な機体。このままでも格好いいのですが、ちといじってみたいって思えた機体だったりします。

 クリア塗装してあっさり仕上げるか?塗装するか?まだ考えあぐねていますが、まぁぼちぼちと。

8979.jpg

 まずはスターウイニングを仕上げないとなぁ…と。


posted by ひゃっけい at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

ぼちぼち組立開始?

8971.jpg

8972.jpg

 夏休みは本気で久しぶりにずっとふらふら旅してたのでぼちぼちインドアサイトの趣味の方もね。

 プラモデルを組立しているとバイクでどこ出かけるか?考えていたりするのに、バイクに乗って遠くに出かけると、あのプラモデルあそこをこういじったら…みたいな考えも浮かんだりして相変わらずバイクかプラモデルか?趣味を選べといわれても困ってしまう状態は変わらず。仕事のことなんてしっかりガッツリ忘れてるのにね。


 帰ってきたので、たまっているプラモデルの組立もそろそろ始めたいなぁと。仕事も始まりばたばたして失敗したり感覚がくるったりしているのでじっくり始めようかと。

 まずはガンダムとフリーダムを仮組してスターウイニングの仕上げも行っていこうかと…そういいながらなかなか進まなかったりして。


posted by ひゃっけい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

HGUC ガンキャノン

8929.jpg

 HGはここから始まった…

 今では200機に近づこうとしているガンダムHGシリーズですが、ここに来て原点回帰?いきなりREVIVEとしてガンキャノンが新規リリース。お次はガンダム、その次はフリーダムとの事でなんか今になったらこう作るみたいなバンダイの試みがあるのかなとか。

 それは置いておいてもガンキャノンは作ろうと思っていたのに購入できていなかったので組み立ててみたいと購入してみました。

8931.jpg

 で、パチる。

 もう少しマッチョというかずんぐりしててもよさそうですが、ほどほどに細め。でも格好良いです。せっかくなのでもう一機購入してカイ&ハヤト機としてガンダムと並べたいです。

 今のところ天気が安定しないのでスターウイニングはのんびり手を加える予定…


posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

スターウイニング組立そのG

8898.jpg

 ガードビット、ガンビット塗装完了です。思ったよりうまくいったかな?

8899.jpg

 本当久しぶりにリアルモードへ組み換え。なんかずいぶんバランス変わったなぁ…

 あとは細かい調整しつつ組立が止まっている武装の方へ手を加えて行こうかと…→続く。


posted by ひゃっけい at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

スターウイニング組立そのF

8891.jpg

 スターウイニングガンダム製作もぼちぼち目処がつきそうなところまでやっとこ到着。

 各部グリーン部はキットではシールで再現する事も出来ますが、曲面をきれいに貼りつけるより塗装した方が楽かな?とちまちま作業してました。現在はこんな感じに。

 もともとリアルモードをメインに考えていたわりに仮組する際はSDで組む方が多くなってますね。

8892.jpg

 後ろはこんな感じ。ガンビット、ガードビットを装備していないとかなりすっきりした見た目に。

8894.jpg 8893.jpg

 各部のグリーン部はシルバーを下塗りした後、クリアグリーンで塗装。コアファイター機種部(キャノピー?)のみ薄めのグリーンにしてみました。

8896.jpg

 手首はキットの物からGM系の物に変更してみました。

 サイドアーマーはまだ傷があるなぁ…もう少し磨きますかね。

8895.jpg

 ガンビット、ガードビットの方が落ち着いたら、武装に着手するつもり…グリップはとりあえずジャンクパーツを取り付けていますがこのまま推進するかはちとこれから考えます。

 まだまだやる事はありますね。もうひと頑張りしますかねって事で…→続く。


posted by ひゃっけい at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

HGBF ディナイアルガンダム

8890.jpg


 スターウイニングは塗装乾燥待ちなので、ちまちまディナイアルガンダムを組立〜♪

 主人公のカミキ・セカイくんの兄弟子であるイノセ・ジュンヤさんの機体って事でどんなキットになるか実に楽しみだったのでした。何しろ見た目からすると拳法使いそうなほど動きそうにないデザインからどのようなギミックを仕込んでくるのか?ってね。

 これがビルドバーニングと同じ関節を使用しつつ、さらに進化した部分もあっていじっていて楽しい傑作キットになっていました。

8889.jpg

 ぐりぐり動かしていて楽しいッたら。こりゃ魂ウェブ限定のカテドナルガンダムも楽しみになってきますねぇ〜。

 在庫も増加傾向なのでぼちぼち仮組くらいは消化したいところ…


posted by ひゃっけい at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

スターウイニング組立そのE

8888.jpg

  塗っては剥がしまた塗って…マスキング+塗装作業継続中。記事にすると地味ですが、実際作業していると実に時間がかかり面倒くさい作業です。しかも集中すると途中経過の撮影を忘れがちになったりするのでなかなか厄介。

 塗装自体は嫌いではないどころかわりと楽しめる分野なのですが、どうにもこうにもその前のマスキング工程が苦手でして、なかなかはかどりません。しかも今回は白→黄色→銀+クリアグリーンなので結構厄介だったり。何しろマスキングテープのイエローと本体色のイエローがかなり近い色合いになってしまったために貼り残し部分の判別がつけにくく、いつもに増して難航してます。とはいえ行動しないと終わりは見えないので突き進むしかないのですが。(もちろん頓挫するって手段もあり)

 でもちまちまいじって塗装してをくりかえしてまぁなんとなく良い方向に向かっているのですから付属のシールに頼るのもどうかと一念発起、頑張ってます。

 朝、マスキングテープ貼り付け時、ちまちまやってたらほとんど半日つぶれました。黄色を塗って晴れている間に乾燥させ、さらにマスキングした上にもう一色加えるためにマスキングして再び時間を持っていかれて、やっとこ最後のクリアーグリーンに到着。気が付けばすでに空が白んでいる…久方ぶりに没頭しました。

 とりあえず目処着いたので後は塗料乾燥を待とうかと。→続く。


posted by ひゃっけい at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

スターウイニング組立そのD

8886.jpg

 なんとなく表面処理作業が続いているので、比較的あっさりまとまったコアファイターをちまちま仮組。

 塗装したためか?えらく可動部分がギシギシするので微調整しました。仮組の時ちと保持力ゆるいなぁ…って思っていたので盲点でした。

 SD時、頭部を構成する部分だけでも意外と格好いいです。

8887.jpg

 裏から見るとまんまガンダム頭です。昔の合体ロボットアニメのようにフェイスを隠すようなパーツがあっても面白いのかも。

8884.jpg

8885.jpg

 ウイング取付部の肉抜き穴はまぁ残しても面白いかな?とは思いましたが、翼の真ん中にあったダボは削りました。設定ではライフルを取り付けている画もあるのでその名残なのでしょうね。

8883.jpg

 まだまだ作業は…→続く。


posted by ひゃっけい at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

スターウイニング組立そのC

 ちとご無沙汰になってしまいましたが、仕事の方が落ち着いてきたのでちまちまスターウイニング組立再開…

 塗装をするのならばなるべく梅雨前に決着つけたかったけれど昨日梅雨入りしましたね。まだまだいじる部分があるのでじっくり推進していこうかと。

 今回は、記事にするとなんかその@の時に書いている事の続きみたいな感じです。

8877.jpg

 スターウイニングのキットで一番気に入らなかった腰部がやっとこ形に。元々リアルタイプで作りたいって事もあり、腰を回るようにしたかったのです。

 製作方法はよく雑誌に書かれているように腰部パーツ、フロントアーマー、リアアーマー、サイドアーマーを分割してからの作業になります。

 今回、基本ブロックを1.5mm厚ブラ板を切り出して、フロント、サイドアーマー可動部をビルドバーニングから流用した物を基本とし、そちらにキットパーツを再構成していったのですが…これが意外と面倒くさくて試行錯誤していました。

 今回、後はめ加工を構成する余裕が無く、各部整形が終わったらすぐに塗装してしてバランス確認しています。

8878.jpg

 アーマーは独立して可動するように軸を仕込んでいます。フロントアーマーはビルドバーニングのフロントアーマーのボールジョイントを使用、リアアーマーは3mm丸プラ棒を加工して使用しています。(便宜上、リアルタイプの基準でフロント、リアと表記しています)

 ベースが出来上がった時、ちと前後の隙間が気になったのでリア中央部にプラ棒、パテでブロックを作り隙間うめにしています。

8879.jpg

 上腰部。切り出してちまちま成型。最悪切り出して底部がなくなってしまったらプラ板を貼ろうと思っていたら結構残ったのでこのまま整形していきました。

8881.jpg

 脚部可動部もビルドバーニングから流用。スターウイニングの脚部接続の棒を切り飛ばし、本来接続に使用するポリパーツを仕込んで無理矢理接続しています。

 本来、足をつなぐパーツはべース接続用の穴が設けられていますが、貫通していないので腰部接続用に2.9mmドリルで貫通させています。

 3mmドリルでも問題はないのですが、たまにがばがはになったりすることがあるため、接続部をカッチリ作りたい時は開けたい穴より少しだけ小さい物を使用しています。接続困難な場合微調整ができるので。

8880.jpg

 腰部接続用のパーツ。キットの腰を接続するポリキャップの下部分を切飛ばし、3mmプラ棒で軸を作っています。強度を持たせるのならば真鍮パイプを使った方が良いのですが…組立途中で気が付くことに。

8882.jpg

 腰部パーツドッキング。これでかなりぐりぐり動くようになったと思います。軸の長さも調整したので一応3mm軸タイプのスタンドならば対応できるようにしました。SDの時、どうしてもリアヘビーなのでスタンド必須かな?と。よくよく考えたら足に重りを組み込めば…と思った時には後の祭り、しっかり接着した後でした。

 何はともあれ、一番やりたかったけれど面倒だった腰部改造が終わったのでぼちぼち腕部、脚部の仕上げに取り掛かろうかと。→続く。


posted by ひゃっけい at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする