2020年03月22日

もし本当に定額給付金を考えているのなら…

 コロナウイルスのニュースが大半を占めている状況下で政府が定額給付金や消費税の減税など様々な案を議論しているといった報道があり、例によってコメンテーターが好き勝手に意見を述べていて霹靂しています。

 まぁコロナウイルスの報道のような展開は今に始まった事ではないですし、相変わらずだなぁって感覚しかないのですが、今回のパニック状態はもちろんウイルスのせいもありますが、報道番組の影響もかなり問題があるように思われます。

 情報はある程度耳に入れつつも視聴者はそれらを考え吟味していかないとただ踊らされるだけだなぁ…って事は東日本大震災のあやふやな報道による情報のごちゃまぜ状態な番組の制作、放送からなんとなく学んだので。

 で、今回のタイトルにした案件なのですが、個人的に定額給付金をばらまく財力があるのなら、電気、ガス、水道、電話といった公共料金の補助とか今年の自動車税、ガソリン税の撤廃とかしてほしいですね。

 大枚はたいてやっとこ消費税を吊り上げるためのシステムをもう一度撤廃するより生活するうえでどうしてもかかる各種基本料金やガソリン税を取らないって方法の方がコストも抑えられるし不公平感もなくならないもののかなり軽減できると思いますがどうなんでしょ?

 まぁ学もなければ経済に疎い者の戯言ですが、まぁあくまで個人的な意見という事でひとつ。


posted by ひゃっけい at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: