2019年09月22日

待ちに待ってたやっと出る〜♪


 スズキのバイクで外せない偉業と言えば…「カウル」「アルミフレーム」そして「油冷エンジン」でしょう。まぁ反論もあるかもですけどね。僕個人としてあこがれたバイクであり、今でも欲しいって思うバイクがGSX-Rだったりします。本当ほれぼれしますね。ただひたすら格好いいです。

 かたなくん(今の相棒)に乗ってからしばらくしてこれを所有していた友人に借りて乗ってみたら…もうなんて事でしょうってくらい乗りやすいったら。取り回しも軽いしぎくしゃく感もないしなによりカウルの恩恵でとてつもなく長距離が楽。実に楽しいバイクです。

 レースで活躍したくらいですからメッチャ速いですしね。ブレーキのコントロールもすこぶる素直ですし何より軽い。こんな面白いバイクってあるんだなぁ…そう思えたバイクでした。750の加速感も楽しいのですが、1100のマルチぶりに脱帽し今のかたなくんのカタナデザイン+油冷エンジンのプロットを思い描くようになるのでした。時代が時代なら今所有するバイクがかたなくんではなく17インチホイール+ハーフカウル化したGSX-Rだったかもしれません。

 本当面白楽しいバイクだったGSX-Rですが、90年代の旧車カスタムブームにより足回りは根こそぎ持っていかれエンジンは二束三文みたいな不遇の事態もあり現存するノーマル車は希少らしですね。刀1100エンジンが20万円に対し油冷エンジン2〜3万なんて時代もあったのです。たまたまそんな時代にいい感じでフィットできたから今のかたなくんが存在するわけですが。

 今の時代になってこうしてキット化してくれるメーカーに感謝しつつのんびり組みたいですねぇ…

 楽しみがまた一つ増えました。


posted by ひゃっけい at 18:17| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: