2018年12月30日

ザブングルも大好きですが…

9580.jpg

 主人公メカ交代劇はマジンガーZの頃から大嫌いです。敵の圧倒的なまでの戦力にそれ以上の戦力を持ったバリバリの展開はどうしても受け入れられないみたいです。圧倒的な力量を今ある機体と主人公補正で何とかして見せろ…みたいな?

 個人的にザブングルってロボットが好きだったためにウォーカーギャリアに対しては最初とても反感がありました。でもね、その後当たり前のように続く主人公メカ交代劇の中でウォーカーギャリアだけはなぜか嫌いになれない機体なのです。劇中にある土木作業主体みたいなWMと他とは全然違って妙に浮いているザブングルを物語として繋ぎとめる橋渡しになっていると思えてね。結果、ザブングルとギャリアのいいとこ取りな敵側の主役メカの派生的な機体も登場し、主人公メカを凌駕しかねない機体も登場したりしてこういう事もあり得るよなぁって展開もある意味正論でもあります。

 ガキんちょだった頃、嫌いだったくせに1/100ギャリア開発中止って話を聞いた時は本気で泣きました。出てしまった以上、やっぱりザブングルと並べたいって気持ちがどこかにあったんでしょうね。おかげでR3企画で1/100ギャリアが出た時は感動しました。待ちに待ってたやっと出たみたいな。

 食玩ザブングルが登場した時、正直ギャリアは出てくることは想像していました。でも今更購入する気もなかったってのが正直な感想です。本気でザブングルだけで満足だったのです。でも本当に出てくるとやっぱり嬉しいものなのですね。自分が搭乗するならザブングル一択としてもそばにギャリアがいたなら…って妙な安心感みたいな感覚はどう表現たらいいものか…?

 キットの方はかなり劇中のイメージに近く格好良いのでそのまま組み立てようと思ったのですが、なんとなく気になる点がちらほら出てきたので何かしら考えてみようかと。

 その前にザブングルを仕上げないと話にならないのでのんびり推進する事にしますです。

 先はまだまだ長いようで。


posted by ひゃっけい at 18:21| Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: