2017年05月31日

白い軽自動車用ナンバープレート?

 軽自動車といえば「黄色ナンバー」で、ホンダ・ビートやダイハツ・コペンなど以前から黄色ナンバーに合わせて黄色いボディカラーが人気を集める車種もあるくらいで、「黄色ナンバーだから…」という理由で軽自動車を敬遠した人もいるとか。まぁそんな少数派には朗報とも言えるのかな?

 2017年4月3日から交付された日本初の「特別仕様ナンバープレート」は、2019年のラグビーワールドカップの成功を応援するという趣旨で国土交通省、「ラグビーワールドカップ2019組織委員会」から今年の2月に発表されました。これが白い軽自動車用ナンバープレートのからくり。



 ニュースでも取り上げられている通り、2019年にアジア初のラグビーワールドカップが日本で開催される事が決定していますが、2015年のラグビーワールドカップで、五郎丸 歩選手の活躍もあって当時世界ランキング3位の南アフリカに逆転勝利を収めたものの、某なにかしとか…あれやこれやであのワールドカップ以降わき起こったラグビーブームは、やや終息気味という印象で報道も減ってきています。

 再度、ラグビーを盛り上げる絶好の機会といえば2019年に開催される日本でのワールドカップでしょうって考え、ワールドカップを盛り上げるため、公益財団法人の「ラグビーワールドカップ2019組織委員会」を中心に多様な試みがされています。その一つが「白い軽自動車ナンバー」だったりします。1000円以上寄付すると、図柄入りナンバープレートが、寄付金なしの場合はロゴ入りナンバープレートが交付されるもので、寄付金以外に別途、交付料金が必要になります(地域により異なります。東京地区の場合は7000円)。寄付金は大会の輸送力増強などに利用されます。

 軽自動車が黄色から白になるだけでなく、緑ナンバーの事業用登録車は白ベースに緑色の縁入りになり、元々白い自家用登録車は、白ベースは変わらずに図柄入りもしくはロゴ入りのみになります。なお、軽自動車の事業用は対象外とか。

 なお、今回の特別仕様ナンバープレートは、新車や中古車の登録時だけでなく、現在の愛車でもナンバーの数字(番号)を変えることなく、交換することが可能です。まぁ興味がある人は調べてみてください。

 まぁ個人的には…

「くっだらねぇ」

ってのが正直な感想。ご当地ナンバープレートとかどうして国土交通省ってのは無駄な事に一生懸命なんですかね?


ラベル:雑記 クルマ 整備
posted by ひゃっけい at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック