2017年05月29日

首都圏ツーリングがお得に?高速道路「一日乗り放題」検討へ

   バイクでツーリングを楽しむライダー向けに高速道路の料金が割引になる新制度が誕生する見通しになりそうです。


  自民党政務調査会の「二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT)」でこのほど、国土交通省道路局高速道路課が「二輪車専用ツーリング割引」の案を示したのが始まり、国交省によると「二輪車のツーリング需要の喚起や地域活性化などを目的に、高速道路の料金徴収システムの改修などのコストと期間をかけない形で、ETC車を対象にネットでの事前予約による二輪車のツーリングプランを開発する」というものでなかなか魅力的なものになりそうですね。


  当面はツーリングの需要が多い東京都心から100〜150キロのエリアで、伊豆・富士山周辺や群馬・栃木・茨城方面、千葉方面などの高速道路が対象。国交省は箱根ターンパイクや西伊豆スカイライン、日光いろは坂などへ走りに行くライダーの利用を想定してのことだとか。事前にネットで予約すれば、高速道路料金が定額で1〜2日間、乗り放題になるようなプランを目指す方針。


   ネットで事前に申し込むと、高速道路が乗り放題になるプランは、NEXCO西日本が2016年7月15日〜12月18日、「九州観光周遊ドライブパス」として、ETC限定の割引サービスを行った前例があります。この時は、バイクだけでなく、ETCを利用する自動車も最大3日間(往復料金だと最大4日間)の高速料金が割引となりました。


   今回は首都圏周辺をツーリングするライダーが対象ですが、将来的には全国のライダーだけでなく4輪のドライバーにも「乗り放題」のETC割引が広がる可能性が…今までドライバー程恩恵のないライダーに対しての指針として動き出してほしいところです。


 バイクに対しての法案は警察などの批判もあり、結構理不尽な状況が長い事続いていたりします。ゆっくりでもいいから確実にバイク乗りに対してより良い環境になってほしいなぁ…と。



posted by ひゃっけい at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック