2017年03月31日

東京モーターサイクルショー見聞録C

9389.jpg

 やっぱりZってインパクトがあるようで今年もちまちまお目にかかる機会がありました。

 オーソドックスながらも威風堂々としていてカスタムしていてもノーマルでも格好いいバイクの代名詞ですよね。個人的にも大好きなバイクです。でも「欲しい」というより「憧れ」みたいな気持ちのが強いかも?

 Zをカスタムするって話は雑誌のネタとしてもちまちま出てきますが、オートマジックさんの話によるとZ本体を入手するのが困難になってしまっているそうです。かなり前に生産終了しても大人気車でありいつの時期にも安定した需要があるため絶対的なタマ数がもう出てこないらしいです。逆輸入するにしても限界に近いとか。

 そんな中、「Zを作りたい」って考えるカスタムショップもあるわけで、とあるショップでアメリカでライセンスを取得し、フレーム製造ができるようになり、エンジンを搭載して日本へ持ち込もうとしたのですが、フレームを製造するということは車検上「新規登録」扱いとなるため認可が厳しい事になるという方向になったとか。それでも…とショップは今の規制に合うようにキャブをインジェクション化、排気をとことんクリアー化と努力を続けていった結果「果たしてこれが作りたいZだったのか?」と本末転倒な結果になり頓挫したなんて事があるとか…今年になってさらにABSブレーキの義務化なんて追加もありさらに厳しい状況に。かなりのダメージを負ったなんてエピソードがあるそうです。

 2ストローク車でも過去似たような事がありましたね…ってこちらは余談。

 ない物ねだりっていつの時代にも出てきますよね。今、自分が乗っているバイクが大好きならば手放さず大切にしてあげてほしい物です。

9390.jpg

 話は変わってこの写真を撮影していた時に思った事ですが、ブレーキフルートって色付きってありましたっけ?こんなんもあるよってデモストレーションなのか僕がぼんくらで知らなかっただけなのかわかりませんがちとインパクト大でした。


ラベル:バイク 雑記
posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック