2016年12月17日

ずっと乗り続けていくために

9324.jpg

 最近はノーマル状態ってのが一つのブームになっているようです。

 まぁそれはそれでありだと思いますし、フルノーマルのカタナの乗り味って意外と鋭い事に驚かされた経験もあるので全否定はしません。むしろ推奨します。乗って楽しいのならばそれが一番です。じゃあカスタムし続けた現在の相棒に不満があるの?と問われれば「No」なんですよね。

 元々ノーマルで不満があったわけではなく、使用できるタイヤの急速な減少とチューブレス化の問題から始まったカスタムへの道…試行錯誤して友人の手と場所を借りながらあーでもないこーでもないといじり、なんとか完成させたら乗りにくくなってどーしよかまた試行錯誤しての繰り返しの末、様々なショップを訪れてはまたいじるの繰り返しが続いていました。

 試行錯誤を繰り返していく中、かたな750のエンジンが終焉を迎えそうな時に同時に所有していたフルノーマルだったGSX-R750とかたなを融合出来たら…そんな無茶な(今ではある程度定番化しているようですが、当時はかなり邪道扱いでした)カスタムを謳ったショップが現れました。そこが今お世話になっているオートマジックさんです。

 ちまちま訪れては相談させていただき、750のエンジンより1100のエンジンの方が合うとかエンジン乗せ換えたら現状のサスでも十分以上に機能するとかいろいろ説明してくれ、カスタムを依頼する事に。大満足して乗り倒してなんとなく元気がなくなったなぁと思えて再び大改修…本当お世話になっています。走り回った分だけの満足な思いがこのバイクには詰まっています。

 「モノより思い出」なんて言葉がありますが、乗り続けられるだけこのかたなで突っ走ってみたいなぁと。



posted by ひゃっけい at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック