2016年09月28日

S.H.Figuarts版 カタナ400

9292.jpg

 バイクがメインか?フィギュアがメインか?今回は凛ちゃんの愛車、GSX-400S KATANAで始まります。




9271.jpg

9272.jpg

 前方、後方〜♪

 全体的な出来栄えは良好な方かと。ただし仕上がりについては大量生産のせいか荒い面もあるので出来れば手に取って吟味した方がよさそう。

 さて、GSX-400Sカタナについてちとおさらい。劇中でも語られているようにKATANAシリーズとしては最後発に登場。1100の姿に合わせたデザインは「ニセモノ」扱いされる不遇な面が目立ったり、先に登場した250cc版よりはインパクトは弱かったりとからかわれ役になってしまっていますが、実際はスズキの妥協ない技術力が発揮され全カタナの中でも一番まとまっていて完成度は高いマシンだったりします。まぁ好き嫌いはあるでしょうが…世の中がネイキッドブームな中、ゼファーやCBが成功を収める中、それらのマシンと比較するとちょっと割高だったり、同じスズキにもインパルスやバンディッドが展開している状況に加え、大型二輪免許制度の件とともにリッターバイクが国内仕様としても展開、販売されるようになり、カタナも1100が入手しやすくなるなど決して400カタナを取り巻く環境は良かったとは言えない状態でした。それでも2000年まで生産されたのですから大したものだと。

 個人的には水冷なのに空冷のようなエンジンデザインやツーリングにはベストなポジションなどかなりいい面を持っていると思います。馬力はそこそこでも軽いので750ccより速いし、ブレーキもコントロールしやすく実に面白いです。一発のインパクト、所有している優越感は1100にかなわなくても日常での使い勝手と実際の操舵はこちらの方が楽しいかもしれません。

 もし手に入るならば凛ちゃんみたいにノーマルにこだわらず好き勝手にいじってみたいと思うバイクですね。


9282.jpg

 400カタナは1100、750と違ってフロントカウルが分割式なためライト下に分割ラインが入りますが、きっちり?再現。

9274.jpg 9283.jpg

 ヘッドライトに加えてウインカー、ブレーキランプもクリアーパーツで再現。しっかりウインカーは400についていた小さ目な物になっています。でも実物のウインカーはもう少しスモークかかっています。

9278.jpg 9279.jpg

 水冷エンジンユニットにあるSUZUKI TSCCの文字もくっきりと。

9275.jpg

 刀のマークはちょっと大きめ。チョーク部の文字は省略。

9273.jpg

 マフラー先端もそれなりに再現されています。

9276.jpg

 リア周りは結構おおざっぱですが雰囲気はあります。リアサスの色分け、スプリングの位置は現物と大きく異なります。伸縮ギミックよりパーツのリアルさを追求した方がアクセントにもなるし今回は良かったような気がしますが、このあたりの意見はバラバラでしょうね。

9289.jpg 9285.jpg

9288.jpg

 ミラーは1100と同じものが使用されているためそのようにできているようです。グリップの出来栄えがかなりのものかと。仮面ライダーシリーズのバイク達と違ってブレーキレバーなど硬質樹脂っぽく予備もないのでフィギュアを乗っける場合は注意が必要そうです。

9280.jpg

 エンジン部。えらくおおざっぱととらえるかコスト的に頑張ったととらえるか結構難しいところ…正直もう少し水冷の癖に空冷のようなフィンとかキャブレターの接続部、エンジンオイル注入付近とかかなりおおざっぱ。でも雰囲気はかなりしっかりしていてちまちま手を加えてみたら化けそうな予感も。

9284.jpg

 ガソリンタンク。フューエルキャップが400、250カタナの時の物に。

9287.jpg

 コックピットというかハンドル回り。舵取りのギミックはあります。カタナ独特のコンビネーションメーターもよくできています。スイッチ類の細かい文字はさすがに厳しいですよね。エンジンストップ、ホーンスイッチが色分けされていたのは正直驚きました。

9291.jpg

 最後にせっかくなので本来この商品の主役、凛ちゃんを乗っけて。

 以上、S.H.Figuartsの400カタナでした。

 ブレーキホースなどのケーブルが省略されていたりリアサスのギミック優先な処置はちと…って思いましたが、かなり格好いい400カタナになっていると思います。おかげで妙に手を加えてみたい欲求が出てきたり。ほんの少しのところを何とかしたくなりますね。ただし、この商品は完成トイなので分解はかなりの難物なのが予想されるので難しいところ。

 最近のおもちゃは精度を高めるためか分解整備に対してはかなり厳しい構造になっています。超合金にしろ今回のようなフィギュアにしても個体差が大きく、関節強度というか動かしやすさに関しては本当博打なレベルになってしまっている現状はおかしい気もします。おもちゃの耐久限度はどれくらいに設定しているのか?は分かりませんが、もう少しメンテナンスしやすくできないものでしょうかね。

 なんかガシガシいじるより飾っておくことを前提にしているおもちゃが増えているような気がします。パーツの供給の問題もありますしむずかしいのかなぁ…?








posted by ひゃっけい at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック