2019年05月31日

KSR 盗難事件発生

  今週(5/27〜29)、何者かの卑劣な行為により、我家のKSRが盗難にあいました。

 プロの仕業かいたずら目的の愉快犯かは不明ですが、人の物を勝手に盗んでいく奴って何考えて生きているんだろう?

 今の所手掛かりはなく、途方にくれるばかりです。

 静岡東部地域にて(他の地域でも)何かしら心当たりがある方、見かけた方がいましたら是非コメント欄などに連絡していただけたらと思います。
御協力の程よろしくお願いいたします。

B9763323-D117-4443-96F0-067DE985353D.jpg

 盗難にあったうちのKSRは最終型です。特徴としては…

・前後ホイールはNSRの物を追加工し装着。そのことによりノーマルと違いフロントブレーキが右側になっています。
・フロントカウルを廃し丸ライトへ変更。
・メーターは武川仕様
・ブレーキはブレンボ2ポットですが、整備中なためブレーキングに難あり。
・チャンバー変更。
・近々オーバーホールを予定していたため、現在調子はイマイチ。
・バッテリーは元々難があったので取り外し。走行時につないでいました。鍵を壊してもエンジンはかかりません。

 このバイクは亡くなった友人から譲り受けた思い出のあるバイクです。お願いですから返してください。


posted by ひゃっけい at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

KATANA発売開始するってね

9612.jpg

 東京モーターサイクルショーで展示していたからもうこのまま発売するんだろうなぁ…と思ってはいましたが、案の定このカタチが街中を闊歩する日が近付いています。国内販売は5/30、価格は150万円ちょい超え位らしいですね。意外と早い登場です。もう少し引っ張るというか見直しすると期待していたんですがねぇ…

 個人的には「こりゃないわ」って一刀両断するほど嫌いなデザインではないですよ。ただのオートバイとしてとらえればまぁ魅力あるかな…ただKATANAであってカタナ(GSX-1100Sフォーマット)ではないなと。全くの別物って考えます。どうしてもコレヂャナイ感漂います。

 今更、歴代カタナを引っ張り出して物議をかもしても仕方がないですし良い面もたくさんありそうです。ああしたらとかこうしたら…ってカスタム妄想の材料としては面白そうな魅力があるのも事実です。でもね僕個人としてはやっぱり今のかたなを手放してまで欲しいか?と問われれば完全否定するなぁ…って話。

 特に耕運機ハンドルは駄目ですね。いくらメーカーが「前輪をつぶすように操作するためのアップハン」みたいな記事が出て正統性をアッピールしても元々のカタナはリア重視のコントロール性を考えてのポジションですから全くキャラクターが違います。どう言いつくろっても目指した方向が違う、名前は同じでも全くの別物ってイメージばかりが先行する結果にしかならないと考えます。それにメーカーが思うよりあのハンドルの高さは当時750ccカタナに乗っていた者にとっては根深いトラウマなのです。前部に荷重がかかるようになってしまったのは寸詰まりなデザインによるものでもう少し後方へ延ばすなどの提案はあったのでしょうか?単純にイタリアのデザイナーが提案したデザインに鵜呑みで乗っかったデザイナーの怠慢でベース車両にハリボテしてハンドルの切れ角稼げずどうしよう?って逆算した結果にしかとらえられません。

 ガソリン容量12ℓってのも問題です。今のところ航続距離についての物議がないので何とも言えないのですが、あまりにも少なすぎます。従来のカタナで(あくまでも僕のかたなの場合ですが)リザーブを使用しない航続距離は250kmくらいです。この間使用するガソリンは14〜15ℓ。大体沼津からだと宇都宮に到着するくらいですが、この間に圏央道〜関越道を通る事を考えると給油ポイントは160km離れている場所もあり、ツーリングに使用するとしたらかなりの精神的負担になります。

 ここまで文句みたいな事で「全然肯定してないじゃん」って言われるかもですが、デザインに関して否定する気は全くありません。むしろ好きです。ただしこれが1000ccのビックバイクでなければって話。もしこれが250ccのミドルサイズ、さらに贅沢言えば125ccクラスのモンキーやKSRクラスのミニバイクとしてデザインされていたなら…めっちゃ格好いいって思うのです。寸詰まりな感じも現物の3/4サイズだったならって考えると意外と格好いいのでは?って思えてくるのですよ。(ものすごくざっくりと表現するならKATANAの写真を見てホイール径が17インチではなく12インチと考えるみたいな)

 なにはともあれ販売開始と相成ったKATANAです。名車になって従来のカタナを見た時に「これはカタナじゃない」って言われるくらいなったら素敵な事だなって事である意味応援してみようかな?と。


posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

平成をちょっとだけ振り返ってみる

9652.jpg

 新清水P.A.に32GT-Rが展示されていました。今でも街中でほんのたまに見かける事がありますが、やっぱり格好いいです。もう登場してから30年も経過しているのですね…

 今ではすっかり日産嫌いが定着してしまいましたが、このGT-Rが誕生した頃の日産は元気もあって好きなメーカーでした。GT-Rだけでなくシルビアや180とか魅力的な車を多くラインナップしていました。もちろんこれは日産だけではなく、トヨタならセリカやスープラ、マツダならRX-7やロードスター、軽自動車でもアルトワークスやダンガン、ミラといった楽しい車種が目白押しでクルマにとっての黄金期としても支障はないでしょう。

 輝かしい時代を迎えた自動車業界が平成が終わる現在になってここまで衰退するとは想像もしていませんでした。

  時代は変化していくものですね…


続きを読む
posted by ひゃっけい at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

電話

 それは、音声を電波に変え送り、これを音声に再生する事によって通話する装置。

 何を当たり前な事を書いてんだ?って思われるでしょうが、IT分野の発展と共にスマートフォンなどの登場により通話するよりメールなど文章を書く方が、はるかに多くなっています。通話するための機械が手紙を書く機械になっているのですね。

 今更ながらなんか不思議な発達の仕方だなぁ…と。まぁ突然言葉で聞くより写真と文章の方が解りやすいっちゃ解りやすいですけどね。

 ちょっと前までが電話不携帯だと連絡が取れずに不便とかで「携帯電話は携帯するから意味がある」みたいな事で怒られていましたが、今ではメール、LINE、SNSで一方的に文句や質問が押し寄せてくる…うんざりです。

 とはいえ、どこぞのサーバントさん達とともにバトルしたり、広げられない地図の代わりになってもらったり、出張やツーリングで戻れそうもなかった時に宿を探したりとか何かと重宝はしているんですけど…煩わしいって気持ちがやっぱどこかにあるようで、しょっちゅうスマホの充電忘れます。

 なかなかうまくいかないなぁ…と。




posted by ひゃっけい at 21:59| Comment(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする