2017年11月25日

えまーじぇんしー

9468.jpg

 久方ぶりにタイヤがパンクしてもうた…

 油断大敵とはよく言ったもので、ここしばらくタイヤのパンクなんて起きていなかったので完全に油断していました。多分伊豆の山奥で偶然見つけた抜け道を走行した際に釘か何か踏んだようです。

 とりあえずタイヤ補修キットでふさいでみましたが、しばらく様子見…ですかね?


ラベル:バイク 整備 雑記
posted by ひゃっけい at 22:46| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車検

 今回、初の車検を迎える…のはクルマの話。

 アルトワークスといい、カプチーノといい、たまたま程度の良い中古車に出会ってそれぞれ長い事乗ってきたわけですが、今回、初めて新車で購入したジムニーが初の車検を迎える事になりました。

 正直…よく手放さなかったなぁってのが正直な感想だったり。いつ売却してもおかしくはなかったのです。実は今でもちと悩んでいたり…巷では結構人気ある車種ですよね。でも僕にとってはなんだかなぁ…なんですよ。軽いパワステのフィーリングに低速でのトルク感、FRから4WDへの変換ギミックにパワーウィンドウ…おまけにイグニッションを切って扉を開けた時、鍵の差しっぱなしやライト点灯しっぱなしを防止するアラームやらリモコンによるロックなどあれば便利ってギミックが付いています。でもねそんなん必要か?正直うっとうしいんですよ。

 ハイテク大好きなくせにクルマのそういういらんとこばっかり進化する傾向が本気で嫌らしいです。なにしろAT大嫌い(ってかものすごく最初躊躇します)ですから。スクーターとかなら全然OKなのにクルマは駄目ですね。むしろAT車の方が様々なギミックが付加してしまい、どうスタートするのか?迷う事になってたり。ブレーキの踏み方の強弱でシフトチェンジできないって何なんだ?

 個人的にジムニーに関しては全く愛着というものはない。通勤のためどうしてもクルマが必要なため、無い知恵絞りつつ妥協できる面とできない面を組み合わせていったら最終的にジムニーしか残らなかったという話です。MT、タコメーター、2枚もしくは3枚ドア、出来れば4WD、そして軽自動車であるという事は譲れなかったのです。(正直パワステやパワーウインドウもいらないギミックです)

 もう少しカプチーノが好きだったらパッキン類やサスに手を加えて乗っていたでしょうし、ワークスに至ってはエアコンが死に、電装系がダメになり、エンジンがブローしてもなお修理しようとして周りから説得されて泣く泣く手放した…そうした経歴があり、愛着もひとしおなのですが、3年付き合うジムニーに関しては、まるでありません。距離数としても3年間で15000kmと過去の履歴でも断トツの最下位です。(比較として…ですが、年間でかたなが15000km、最近乗ってないなぁって思うKSRでも7000kmと考えると本気で搭乗率少ない…ってかよく15000km伸びたなぁっと)

 ジムニーが好きな人から見たらめっさ怒られそうです。でも個人的には妥協の産物以外の何物でもないのですよねぇ…よく乗ってたねぇ…

 さて、このまま乗り続けるか?買い替えるか?そのあたりはどうでもいい事で、3年使ったジムニーがどう整備されるのか?ちょっとその辺だけが楽しみだったり。そして、今後購入したくなるクルマは現れるのか?アルトワークスを本気で発掘する?冗談ではなく考えていかなくてはいけない時期かも…ね。



posted by ひゃっけい at 19:24| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

KAWASAKI Z900RS

9467.jpg

 出るぞ出るぞって言われつつ、雑誌のスクープをあまり信じないタイプな物でスルーしていたら…本当に出てきましたね。

 というのはカワサキさんちのZ900RSの話。今年のモーターショーでの目玉の一つだったのではないでしょうか?実物を見てみたらかなり格好いいです。でもね…なんかコレジャナイ感も漂っていたり。個人的には複雑なんですよね。憧れのマシンのひとつだけになおさらね。

 確かに今のバイクを使用してリファインするとこうなるのかもしれません。別段リアをツインショックにしろとか水冷エンジンを使うなという話でもありません。元々のZ1の人気に対する絶対的タマ数の少なさから生じる高騰で所有をあきらめていた方なんかにも受けはよさそうに思えます。でもねぇ…

 なんかゼファーが登場した時のような衝撃がないんですよ。時はレーサーレプリカ全盛期で各メーカーが狂ったように絶対的な性能を追い求めている中に「これ位シンプルでもいいんじゃない?」って感じでポッと現れたゼファーはとんでもなく格好良かったです。しかも必要十分な性能に加え、レプリカと比較して圧倒的に楽なポジションによる余裕から下手なレプリカより行動では扱いやすく速かったりととにかく楽しいバイクでした。今でも欲しいもの…そういった感覚がどうも起きなかったのです。まぁ今の相棒に固着してしまっている身としては何とも…な意見ですけどね。

 今のところどうにもすっきりしない感覚ですが、今年の12月には販売開始されるようですし街中で走っている姿を見たら考えが変わるのかなぁ…って誰かが僕の横をすり抜けていく様を想像しつつ楽しみにしておこうかな?と。


posted by ひゃっけい at 22:31| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ザクをざっくりと

9440.jpg

 今となってはガンダムよりバリエーションは少なくなったものの、やっぱり大好きなMSは?と問われればザクとジムって答えるよなぁ…ってのが正直なところ。

 なんとなく定期的に組み立てたくなるのですよ。特にザクについては手を出しては止めて…も多いのでなかなか完成に至らない事も多いのですが、やっぱりなんとなくどこかのタイミングで購入しているといった無限ループ化した状況を楽しんでいる節もあったりします。「まぁいつかは組み立てるだろ」って。

 HGが発売されてからしばらく、THE ORIGINで再びザクが販売していますが、本当にこれ格好いいですね。可動部分も申し分なくて本当に格好いいって思います。ただ、どう仕上げようか?毎度悩むのもザクなんですよねぇ…

 ロールアウト直前ってかアニメ調も好きだし、ウエザリングして使い古した感じに仕上げても面白いし、はたまたオリジナルな仕上げ方も楽しそう…って仮組してるとそんな事ばかり考えてしまうのです。

 そういううれしい悩みを抱きながら久方ぶりに組み立ててみようかな?と考えています。

 いい加減途中放棄の模型も仕上げたいものの、なかなかねぇ。



posted by ひゃっけい at 21:35| Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

【回想】東京モーターショー

9439.jpg

 「未来ずら〜♪」

…ってはしゃいで楽しんでいたのは何時の頃だったかなぁ…?

 ちょっと前までは実際にコンセプトモデルを見られるだけでかなりテンションが上がっていたのに今年は特に楽しめたって感覚はありませんでした。逆にかなり白けてたり…

 世の中、自動運転化と電気化が焦点となってなんとなくメーカー側が迷走している感じが特に今回は強く思いました。特に環境省や国土交通省+自動車事故対策機構と行政側がブースを持っていましたが、エコ化や自動車事故防止を前面に出しているだけで今後の具体的なビジョンはなく夢物語をつまらなく説明しているだけとブレブレなまとめ方は乗物を取り巻く環境に対してさほど考えていないように見えました。クルマの自動化するのならばどのように?とか試験的な運用はどこからどこまでとか自動化するクルマはガソリンエンジンを使うのかEVを推し進めるのか…etc.全く考えられておらず、うがった見方をしなくても「まぁそのうち素敵な妙案が見えてくるだろう」的な思惑が見え隠れしているんですよね。それこそ「こうしたい」「こうだったら…」って自動車メーカーから意見を集めてまとめても良さそうなのに自動化一つとってもメーカーの技術がバラバラでとてもではないですが、自動運転については実現性に乏しいようにしか映らないし、EVにしてもガソリンから電気に代わる事によってさらに増大する電気の確保にどのような対策をするのか?具体案は示されていません。まさか原発増設なんて馬鹿げた考えも視野にっておっかない事も絵空事ではないような。いったいどうしたいのですかね?

 今年のモーターショーで見えなかった部分が2019年のモーターショーでどう反映されるのか?生暖かく見守ってみようかなと。


posted by ひゃっけい at 20:20| Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする