2017年08月12日

君の名は。


 去年話題になっていて観たいって思っていたのに見られなかった「君の名は。」やっとこさBD化…レンタルも始まりやっとこさ鑑賞できました♪

 でも見終わった感想としては…微妙?「昨年の話題作ってこんなんだったんだ…」くらいにしか思えなかったり。

  なんか妙にもやもやしています。

 個人的には「ほしのこえ」や「秒速5センチメートル」の方がわかりやすくて物語として好きだなぁ…

 もう少し、時間を置いて見直してみようかな?と。




続きを読む
posted by ひゃっけい at 20:22| Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

ラブライブ!サンシャイン!!Walker


 地元民なんですが、本当に沼津に関して詳しくはないですねぇ…ってちまちま眺めていて思ったり。

 千歌ちゃんたちAqoursの舞台になっている内浦は、バイクの調整がてらにちまちま行く機会があるのでなんとなくアニメに出てきた風景がこの辺って事は分かるのですが、意外と駅周辺は全く出歩かないので知らないのです。ちょいとここいらの居酒屋で…みたいなのは趣旨が異なりますし。

 沼津港の周辺はわりと知ってはいても「エビきらい、寿司嫌い、海鮮丼嫌い」の三重苦ですし、甘味もどちらかというと苦手で…のっぽパンも花丸ちゃんがほおばっているシーンがあってやっとこ思い出す程度の体たらくだったりします。本当、元沼津市民のくせに知らない事だらけです。

 比較的温暖で一年中バイクに乗っていられてフラフラしつつ、みかんをちまちま食べながらぼんやり釣りを楽しむくらいしか思い浮かばす、でっかい本屋もなければ、静岡県内のくせに模型店が圧倒的に少ないとか見たい映画がなかなか上映されず仮に上映されても一週間限定だったりと不便なところは数え切れずなのにやっぱりまったり落ち着けるのは生まれ育ててもらった街のひとつだからなのでしょうね。

 今いる場所が好きになれるかは分かりませんが、沼津って街が自分を含めて好きになってくれる人が増えてくれればいいなぁ…って思います。

 ナンバープレートが分断しまくったり、市役所ではえらいもめてたり、三島にパワー負けしまくっているけど沼津っていいとこだよって思えるようにAqoursの皆様に頑張ってほしいなぁ…と。ふらふら暇があれば旅に出る身としては説得力ないけど、帰ってきて「ホッと」できる素敵な街なんだからもうひと踏ん張り魅せてほしいなぁ…と。




posted by ひゃっけい at 23:52| Comment(0) | コミック、小説、本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

楽しむのは決して楽ではないけれど…

9416.jpg

 つらい事があっても思い返してみればいい思い出だったり次につなげるスパイスだったりと振り返ってみて「楽しかった」って思える瞬間をため込みたいって気持ちなんだろうなぁ…

 今回出来なくてもそれをバネにして「次こそは」って目標になるなら決して気持ちから負けていないって思うのです。どうも周りの小利口な意見に惑わされてから回っている現状ですが、やっぱり僕としては基本的にバカでいたいですね。

 バイクに乗り始めた頃は本当がガムシャラでペース配分も体力維持も関係なく突っ走っていたのですが、最近はちょっとだけペースダウンしたようで遠くを設定したツーリングの時はなんとなく「日が昇り始めた頃から日が沈みきる前まで」ってのを頭の片隅に入れています。知らない場所を暗がりで走行してもねぇ…

 まぁ夜はゆっくり辿り着いた場所で美味しいごはんとお酒をのんびり夜に楽しみたいってのが本音です。せっかく産地の名物だらけの日本ですから。美味しいものを求めてフラフラするのも楽しいものです。

 まぁ今回は売り言葉に買い言葉+大雨による地元の心配ってのがあって会社の仕事そっちのけで出かけたのでした。

 現在は下関。これから九州上陸です。


ラベル:雑記 バイク
posted by ひゃっけい at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

キムタクに矢沢に…

 交通事故がニュースになっていますが、ここのところ多いですね。考え事とか誤操作とか運転ではしてはいけない事ではありますが、なんとなくちょっとした油断が事故の原因になります。自分も今一度気を引き締めていきたいと思います。

 ここでちと思ったのは、この二人自動車CMに大きく関わっているのですよね…大丈夫か?トヨタにニッサン。

 先進性を謳い文句にCMは流れてたりしますが、こういう事があるとねぇ…

 方や自動運転のハイテクを推したり、運転する喜びをみたいな宣伝したりとブレブレな自動車のCMに?だったためか妙に考えさせられる出来事でした。


ラベル:雑記
posted by ひゃっけい at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

もしもバイクの免許取り立てだったら…

9415.jpg

 まぁ「もしも」って話。

 2017年、僕が18歳だったら多分自分の相棒にバイクでも車でもオンロードタイプは選択しなかったんじゃないかなと。でも変わらずに普通自動車免許より先に普通自動二輪免許を取得し、大型二輪免許を目指したんだろうなぁ…って思います。

 そんな事を考えるきっかけがこのKMXだったりします。やっぱ、好きなんですよねぇ…オフロード。のんびり気ままにリッターバイクを尻目に我が道を進むってのもいいし、勝負出来そうな時は構ってもらったりってね。

 本当は僕の旅の足としてはこういったのがふさわしいのかもしれませんが、かたなに出会っちゃったからねぇ…かたなにとってはいい迷惑かもしれないけれどまぁそれはそれって事で。

 でもやっぱりたまに林道とか走ってみると本当に楽しいね。

 まじめにオフ車探そうかしら?


ラベル:バイク
posted by ひゃっけい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ご当地ナンバープレートが増えるなら…

 国土交通省のお馬鹿さんのおかげで増加傾向にある「ご当地ナンバープレート」ですが、何なのでしょうね。

 一寸前まで、僕の住んでいる静岡県東部は沼津ナンバーでした。それが現在、静岡や浜松と比較して登録車両が少ないにも関わらず、「伊豆」「富士山」と増加して狭いエリアに3種類のナンバーが混在しています。今では沼津ナンバーは沼津市と長泉町のみといった極々狭い地域のみとなり、富士山ナンバーに至っては「富士山 37-76」の登録が増加しまくっている事態だとか。

 全くバカげた事しかしませんね。

 もちろん地域の確執もありますし、「相模」の様に登録が増加したため登場した「湘南」ナンバーのような例もありますが、あまりにもご当地のための…みたいなナンバープレートってバカげているように思えます。

 だったらいっそ、ふるさと納税よろしく「ふるさとナンバープレート」みたいなのはどうでしょう?応援したい地域のナンバープレートをバイクやクルマに取り付けるってのは悪い提案ではないと思うのです。

 こんな提案すると多分、「都市部のナンバーが増加する」とか「過疎地域の道路整備が…」とかそんな意見が出そうですが、嫌な言い方をすれば…

今の世の中、日本全国どんなところにも道路はあり、それを利用する人は確実に存在するのです。

 それに選択肢は自分自身ですよ。どこのナンバーがいいのか個人の勝手じゃないの?

 自動車税は道路を整備したり増築するために使用されています(もちろん例外もあります)が、それは別に都市部だけの特権ではないはずです。ツーリングやドライブが趣味って人が気に入ったり思い出になったりした土地のナンバーを使いたいとか会社や学校に登録した自車のナンバーを変更したくないって例もあると思うのです。どうせ自動車税ってバイクやクルマを所有すればついて回るものでしょ?個人的には原付の様に市町村に細分化するのもありだと考えます。

 夜中、帰宅途中に他県ナンバープレートつけた車でお巡りさんに停車させられた時に思ったたわごとでした。




posted by ひゃっけい at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

白い軽自動車用ナンバープレート?

 軽自動車といえば「黄色ナンバー」で、ホンダ・ビートやダイハツ・コペンなど以前から黄色ナンバーに合わせて黄色いボディカラーが人気を集める車種もあるくらいで、「黄色ナンバーだから…」という理由で軽自動車を敬遠した人もいるとか。まぁそんな少数派には朗報とも言えるのかな?

 2017年4月3日から交付された日本初の「特別仕様ナンバープレート」は、2019年のラグビーワールドカップの成功を応援するという趣旨で国土交通省、「ラグビーワールドカップ2019組織委員会」から今年の2月に発表されました。これが白い軽自動車用ナンバープレートのからくり。



続きを読む
ラベル:雑記 クルマ 整備
posted by ひゃっけい at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二輪、高速道路乗り放題への道しるべ?

 国土交通省は30日、自民党二輪車問題対策プロジェクトチームの会合で、ETC搭載の二輪車を対象に7月下旬から、首都圏の高速道路が定額で2日間乗り放題(乗り降り自由)になる料金割引プランを導入する方針を明らかにしました。静岡県内は東名高速道沼津インターチェンジ(IC)、新東名高速道長泉沼津ICまでが対象エリアに入る予定で二輪車に特化した高速道路の乗り放題プランは国内初となります。

 高速道路料金を巡っては、ヤマハ、スズキ、カワサキ、ホンダの二輪メーカー4社などが、低迷する国内市場の活性化に向け、軽自動車と同じ区分になっている二輪車料金を区別して引き下げるよう求めていました。国交省は「料金を独立化するとなれば費用と時間がかかる。すぐにできることから始める」(高速道路課)とツーリング需要を喚起し、地域活性化にもつなげる狙いもかねてプランを提案しました。

 期間は今秋までの予定で首都圏の高速道路網を「東名・中央」など4エリアに区分したプラン案を設定。いずれも通常のETC料金では往復で5千円前後かかりますが、2500円で2日間乗り放題に。沼津ICなどは富士山や伊豆、箱根へのツーリング需要を見込んでいます。

 プラン利用には事前のネット予約が必要で利用者アンケートでプランの需要喚起効果を検証し、他地域でのプラン導入も検討する方向だとか。

 こういう法案はどんどん実現してほしいところです。


posted by ひゃっけい at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする